FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

刑務所ドラマ「OZ」 B/Kのストーリーライン(14)

今日で、14回目のB/Kストーリーラインです。
いつも過去記事への拍手やコメントしてくださるOZファン同志のみなさん、どうもありがとうございます!
いつも応援してくれてほんとうに嬉しいです(*^▽^*)

今回も質問を用意しました。どうぞ自由に答えてみてください。
*第三回 OZファンの方への質問*
(回答は掲示板に書き込んでくださいませ。ちなみに、古い質問も常に有効です。)
① OZの刑務所内で好きな場所はどこですか?とその理由 (例、食堂、ジム、シャワー室など)

② もしあなたが囚人としてOZに入ったら、誰とポッドメイト(同居人)になりたいですか?とその理由

( 全部に答えなくてもいいです。好きなのに答えてください。
  回答の文字数に上限も下限もありません。OZをこのブログで知った方もぜひ気軽に答えてくださいね)


では、いつものように注意です

この話は、正確ではありません。あと、腐の加工があります。
正確にドラマの内容を知りたい方は、OZの公式ホームページ等をご覧ください。

あと、やおい思考、同性愛が苦手な方は読まないでください。

初めて見る方は、いきなり読んでも分からないと思います。
 こちら にすべての記事のリンクをまとめた記事があります。
そちらで最初から読んでみてください。

では、今日もヒルさんのナレーションで始めましょう!

第53話「寛容」より
ある賢人が言った。人生は許しを求める冒険だと。
さて、冒険と聞くとニュージーランドのバンジージャンプや独身最後の夜を派手に遊びまわることを思い描くだろう。
だが、どっちがより危険かな?
例えば、誰かを傷つけちまったとき、謝罪のために訪れたところを銃で撃たれちまったら、その行為は報われるか?
撃たれた傷はちゃんと治るんだろうか?
相手と仲直りはできるのか?
バンジージャンプやラスベガスの夜よりも、こっちの方がよっぽど危険だと思わないか?
大昔に死んだ父親の墓の前で、やっと許す気になれたという手紙を読む男。
娘を車でひき殺した酔っぱらいに復讐する夢を見て苦しむ母親。
恋人がもう一度チャンスをと懇願する。
自分を嫌うのはもうよそうと誓ってみる。
でも、できっこない。
現実は「許して忘れる」じゃなく「許せど忘れず」さ。
一夜明ければ、苦しみ許す作業を繰り返さなきゃならない。
何度も。何度も、心臓が太鼓のように打つのを聞きながら。
許そう。できない。
できるさ。許そう。許そう。できない。
できるさ。許すんだ。

では、はじまり、はじまり~




さて、いつものようにどこから話が始まるかと言いますと
サイードから許しの見本を見せてもらったビーチャーさんが感激して
自分もケラーとシリンガーを許そうと決心したところからです。


さて、サイードの派手なパフォーマンスの後、エム・シティはまた元の落ち着きに戻ります。
サイードの周りで見物していた囚人たちもそれぞれまたカードゲームを再開したり、ジムや図書館へ行ったりしました。

ケラーさんもエム・シティにあるパソコンルームに行きました。

刑務所内で囚人が使えるパソコンがあるというのはさすが最新の刑務所ですよね。
ちなみに今はドラマでは1999年なので、パソコンはウィンドウズ98かしら?
2000年問題とかありましたけど懐かしいですね(笑)

さて、ケラーさんはパソコンを使って部屋で一人遊んで(勉強?)いました。

どっちでしょうね。
私は、ケラーさんがインターネットでエロいホームページを見ようとしているって方が面白いのですけどね(笑)
まあでも、パソコン画面を見ると教育プログラムみたいですね。
なるほど、刑務所の職業訓練の一環ということですね。・・・つまらないです。


さて、どうもケラーさんはパソコンが苦手のようです。
さっきからケラーさんのパソコンの画面にはエラーの警告が何度も出ています(笑)

「おい、なんだ?!また、エラーかよ!!?」とケラーは怒った声で言います。

「くそう!」とケラーは罵りながら、パソコンのキーをガチャガチャと連打します。

でも、適当にキーを打っても当然問題は解決しません。
何度も試すうちにケラーは、険しい顔つきになり・・・

「なんだと? くそう!」と罵って手を止めると画面をじっと睨みつけます。

ああ、なんだかヤバイ雰囲気ですね・・・ケラーさんの目に殺気がみなぎってますよ!

そして、ついに・・・!!

ガツン!

とパソコンの画面を一発殴りつけるやケラーは、両手でガチッと画面を掴み
この野郎という様にガタガタと何度もパソコンの重い画面を揺さぶりました。

パソコンの反抗にかなりイラついてますね。
でも、ケラーさん 人間じゃないのでそんな風に脅しても言う事聞いてくれませんよ(笑)

ああでも!、ケラーさんのこの気持ちはよく分かります!
私もパソコンのエラーで何度頭にきたことでしょうか!!
ほんと一発ぐらい画面を殴りたかったです!そしてできるなら、縛り上げてぎゃふんと言わせたかったです!

さて、このままじゃあケラーさんの怒りでパソコンがスプラッタにされて壊されるという
パソコンさん大ピンチ!という状況で、誰かがパソコンルームにやってきます。

そして「やり方が違うんだ」とケラーに親切に声をかけてきます。

ケラーはその声にハッとして画面から手を離し、声の主の方に顔を向けると、

そこにはなんと!!

ビーチャーさんが杖をついて立っていました。

パソコンの救世主の登場ですね!(笑)

ビーチャーはゆっくりとケラーに近づいてきます。

ケラーは、パソコンの画面に目を戻すとお手上げだというように頭をかきます。

頭をかくのは、見ようによっては照れ隠しにもみえますね。
ああ、ケラーさん 機械オンチとか可愛い!!
ちなみにビーチャーさんは、インテリなだけあってパソコン知識は豊富でとても上手です。

ビーチャーはケラーの前のキーボードに片手を伸ばし、カタカタッとキーを打ちます。
するとピピッとパソコンが反応して正常な画面に戻りました。

わずか数秒の作業。さすがビーチャーさんです!!

ケラーも画面を見て
「おお、やった。」と感心したような声を出します。

それから、ケラーはビーチャーに振り向くと思案するように顎を指で撫でながら
「なあ、おい。サイードのフロア・ショウは良かったぜ。」と話題を切り出します。

しかしビーチャーは、ケラーの話をスルーして
「話たいことがあるんだ」と真面目な顔で言います。

ケラーは顎に置いた手でどうぞと手振りしてまた顎に手を戻して
「ああ、いいぜ。なんだ?」と言います。

そしてケラーは、椅子に座ったまま少し離れて立っているビーチャーをじっと見上げます。

ビーチャーは、杖をもじもじ動かしながらゆっくりと話し始めます。

「俺は、サイードに物事を素直にうけいれる姿勢を教わった。
だから・・、クリス、その・・・。」と言ってビーチャーは、話の先を続けるのを躊躇って黙ります。

ああ、ビーチャーさん。
許すと言うのは決心していても、いざケラーを前にするといろいろと嫌な記憶が思い出されて心が乱れますよね。
いつものポーカーフェイスで顔には出さないけれど、
ビーチャーさんのことだから、頭の中で愛憎混じった自己討論を超スピードでしているんでしょうね。

さて、ケラーさんはまだビーチャーの来た目的を知りません。
ビーチャーが話そうとする内容よりも、ある言葉に飛びつきます。

クリス!?」とケラーは、嬉しそうな声で鸚鵡返しに言います。

そしてもう一度「クリス、クリスか」と味わうように繰り返して言いいながら笑みを浮べて、
嬉しそうに顎を指先で撫でます。

本当に嬉しそうですね~ケラーさん
確かに、ビーチャーさんが名前で読んでくれるのは久しぶりです。
それどころか、まともな会話自体も久しぶりでしたね。
それにしても、ケラーさんがこんなに喜ぶのは、
ファースト・ネームで呼ばれる事がやはり親しい間柄でないとないからでしょうね。

さて、ビーチャーはそんなケラーをしばらく見ている間にようやく決心が固まります。

そして、真面目な顔でゆっくり
「お前を許すよ。だから、俺の事も許して欲しいんだ。」と言います。

これに対して、突然予想外でこんな事を言われたケラーは、驚いて呆然とします。
さっきの笑みもどこかに吹っ飛んで消えています。

そしてケラーも真面目な顔になるとじっと黙ってビーチャーを見つめながらおもむろに椅子から立ち上がります。

そして、ゆっくりビーチャーに近づくと、ビーチャーの肩に腕を回して無言のままぎゅっと抱きしめます。

ビーチャーも黙ってケラーの肩に腕を回して抱きしめます。


お互いの肩を抱き合うのは、和解の抱擁というものですね。
ああ、仲直りできて良かったです!!

さて、ケラーはビーチャーを抱きしめたまま、ビーチャーの肩に顎を置いて
「愛してる」と優しく囁きます。

ビーチャーは、一拍置いて
「俺もさ」と答えます。

ケラーは、ビーチャーの肩から顔を上げて、ビーチャーの横顔に唇を強く押し付けます。

そして「キスしてくれ」と言いながらケラーは、ビーチャーの口に唇を近づけようとします。

ああ、ケラーさん ずいぶん性急な感じですね。
そういえば、かれこれ最初のキスから・・・・何ヶ月も経ってますね。
もう我慢できないって感じですね。
本能のままに生きるのがモットーのケラーさんにしては、今まで我慢してたのがむしろ奇跡的です。

しかし!!

無情にもビーチャーは黙ってケラーの腕の中で身をよじってケラーのキスから逃れました。

そして、そのままケラーの腕の中から抜け出します。

それに対し、即座にケラーは離れようと後ろにさがるビーチャーの胸ぐらを掴み引き止めます。
ケラーの顔はとても険しい顔つきになってます。何故なんだ?と怒りの文句が顔に書いていました。

でも、ビーチャーは胸ぐらを強く掴まれているのに、怯えも慌てもせずに冷静な顔でケラーを見つめます。

二人は黙ってお互いを見つめ合います。

ああ! これが恋愛ドラマとかマンガなら、ここで二人の思いの交差シーンとして盛り上がるのに!!
OZでは、このシーンは一瞬です。
ですが、この一瞬は3分ぐらい停止ボタンを押して、二人の思いを妄想して欲しいところです!!


さて、この重い沈黙を破ったのはビーチャーでした。

ビーチャーはたった一言
「アサラーム・レコン」とイスラム教徒の挨拶をケラーに言いました。

ケラーは、それを聞いて掴んでいたビーチャーの胸ぐらをゆっくりはなします。

イスラム教徒の挨拶を聞いたことで、
勘の良いケラーさんは、ビーチャーの許しが慈善行為だと察したのです。

ビーチャーさんにとってこの赦しは、あくまで罪の意識と憎しみの苦しみを緩和するための行為なのですよね。
ケラーを愛していることに素直になって認めることは、また別の話ということです。
”赦せど、裏切りは忘れず”ですね。

さて、ビーチャーは黙ってケラーを見つめ返すと
ゆっくりと外に体を振り向けて、杖をついて部屋から出て行きます。

ケラーは黙って切ない顔でビーチャーのその後姿を見送ります。

ああ、ケラーさん!切ないですね。
ビーチャーが許してくれたから、もう一度やり直せると期待したんでしょうけど・・まだ早かったみたいですね。
それにしても、ビーチャーさんがケラーの「愛してる」に「愛してる」で返したときの意味は、今から考えると宗教的な友愛ですよね。
でも、ケラーさんは当然恋人同士の「愛してる」の意味で考えたはずです。
ケラーさんが期待するような返事をしながら期待を裏切るなんて・・・
なかなかビーチャーさんはしたたかな小悪魔ですよね!(笑)


さてさて、ケラーさんは、ビーチャーがどっぷりサイードに感化されている状況に我慢がならなくなります。
好きな相手が他の奴とラブラブしているのを遠くから黙って指をくわえて見ているなんて元々ケラーさんのスタイルではないのです。

だから、ついに最終手段に訴えます!!


でも、みなさん これは日本のBL小説ではありません。海外の刑務所ドラマOZです。

ケラーさんがビーチャーさんを襲って無理やりやっちゃうという展開は期待しても起こりませんので悪しからず(笑)
(でも、スラッシュでもその展開はないんですよね~なぜかしら?)


さて、ある日 

ケラーさんはジムに行きます。
でも、目的はトレーニングではありません。

さて、ジムでは、
十数人の囚人がそれぞれサンドバックをドスドスと殴ったり、ベンチ・プレスでバーベルを上げたり、トレーニング・マシーンを使ったりとガチャ、ガチャ騒がしい音を響かせてトレーニングをしていました。

その囚人たちに混じって、ライアンとシリルが例のボクシング大会のためのトレーニングをしていました。

お金が絡むし、大事な弟を勝たせたいという思いでとても気合がはいってるライアンさんは、特別メニューを組んでシリルに特訓を指導しています。

ライアンさん、まるでジムの熱血トレーナーみたいです(笑)「明日のジョー」を思い出します(笑)

「ほら!、もっとスピードアップだ!!
 だらだらするな!
 もっと気合入れていけ!!もっと早く!」とライアンが指示を飛ばします。

シリルは、それに応えるように縄跳びのスピードを上げていきます。

ああ、オライリー兄弟は、とても仲がよくて微笑ましいです!
シリルは素直で可愛いし、ライアンは甲斐甲斐しく弟の世話をするし、もんくなく良い兄弟です!

さて、オライリー兄弟が頑張っているときに、ケラーがジムにやって来きます。
そして、オライリー兄弟のいるところに真直ぐ向かいます。

「オライリー、ちょっといいか?」とケラーはライアンに近づくと声をかけます。

ところが、ライアンはシリルから目をはなさず
「今忙しいんだ。さあ、シリル もっと早くだ!」とそっけない態度です。

ケラーは、黙ってライアンの傍に寄ると
ライアンの耳に向かって少し声を大きくして言います。

金のからむ話があるんだ

するとライアンは、即座にシリルに縄跳びを続けるように指示を出してケラーにの方を向きます。

さすが、商売人!!
お金の話だと多忙でもすんなり聞くのですね(≧▽≦)
ライアンのこの融通の良さと切り替えの早さは好きですよ!
それにしてもケラーさんも、ライアンのことを良く解ってますよね!!さすが悪友です(笑)

さて、二人は向かい合いって話が漏れないように話します。
周りはガチャガチャと騒がしいのでそれで十分なのです。

ケラーは腕を組むとさっそく話し始めます。

「サイードを殺して欲しい」

これがケラーさんの最終手段です!
”邪魔者は殺す”がケラーさんのポリシーですからね・・・。

ライアンは、ケラーに向かって呆れたように聞き返します。

「サイード?あんな負け犬を?もう価値なんて奴にはないぞ」

ライアンは、策士ですから意味のない殺しはしません。
この時も即座にOZの覇権争いでの戦略上の価値で考えて言ってますね。
サイードがムスリムのリーダーから失脚した今は、なんの力もないから意味もないと判断したのです。

さて、それに対して、ケラーは険しい顔で
「ああ、それでも、とにかく奴を消してもらいたいんだ。」と言います。

ケラーさんは、もちろんOZの覇権争いに興味ありません。ビーチャーさんに関わるから殺したいんですよね。

さて、ライアンはケラーの様子で合点が付いたという様にニヤっと笑ってずばりこう言います。

「ビーチャーに疑われないようにってか?そうだろ、ケラー?
 でもな、わざわざお前がやることはないぜ。
 噂によると、アーリアンどもがサイードを殺そうとしてるみたいだ。」

おお、ライアンさんもケラーの心をほんと良く解ってますね!さすが悪友です(笑)

ケラーは「いつだ?」とライアンに時期を聞きます。


さて、ライアンは、ケラーと向き合いながらも油断なく周りを見ている人なので
ジムに入ってきたある人影に素早く気づいて目に捉えます。
そしてその人物を判別してライアンは、冷たい笑みを浮かべるとケラーの質問に答えます。

「そうだな、今すぐさ」

ケラーはライアンの視線をたどって後ろに振り向きます。

ケラーが目にしたのは、杖をついてジムの中を歩くビーチャーとサイードの姿でした。

そして、ビーチャーの向かう先には、なんとシリンガーがトレーニングをしていました。
シリンガーの周りには、もちろん他にもアーリアングループの囚人が何人もトレーニングをしています。

ああ!ものすごく恐いです!!
ビーチャーさん、シリンガーを許すためにわざわざなんてヤバイ場所に来るんですか!
ジムって、ビーチャーさんがひどい目にあった場所ですよね!!
しかも、アーリアンがいっぱいいるじゃないですか!
狼の群れの中に入るようなものですよ!!危なすぎます!
サイードさんと宗教の話をし過ぎて平和ボケしてますよ!!(T□T)

さて、恐ろしい展開になってきました。
オズの死神ライアンさんの見立て通りにアーリアンが計画を実行するのでしょうか?
もしそうなら、サイードとビーチャーの命はありません!

ああ、緊迫したところではありますが、今日はここまで。続きはまた次回です~。
スポンサーサイト



| oz B/K (OZのストーリー萌語り) | 11:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちはー。
> 「クリス!?」とケラーは、嬉しそうな声で鸚鵡返しに言います。

名前で呼ばれたケラーはめちゃめちゃ嬉しそうでしたねー。
ライアンにサイードの殺しを頼もうとするところも、
もうすーごくわかりやすいというか・・・。(*^-^*)


| jumpi | 2009/12/19 22:11 | URL | ≫ EDIT

ウェルカムです jumpiさん(^▽^)

> 名前で呼ばれたケラーはめちゃめちゃ嬉しそうでしたねー。
そうでしたね!(^^)
ケラーとか他人行儀にいわれるよりずっといいですものね!

> ライアンにサイードの殺しを頼もうとするところも、
> もうすーごくわかりやすいというか・・・。(*^-^*)

ええ、ほんとこの辺りの行動はすごく分かりやすいですよね(^^)
ケラーさんは、言葉より行動のほうが素直ですよね!
この点は私の萌えるツボです(*^^*)
ジェラシー・ケラーさんはたまらないです!(≧▽≦)

では、jumpiさん コメントどうもありがとうございました(o^∇^o)ノ~

| はちだんご | 2009/12/20 11:20 | URL |

パソコンがダメな肉体派とそれをサッと直す頭脳派…
お約束とは言っても、やっぱり萌えがありますww
それにしてもビーチャーさんが振り向いてくれないからって
いきなり人殺しとは…ケラーさん、短絡的にもほどが?!汗
バレたら一生ビーチャーさんにうらまれますよっ!

いよいよシリンガーの魔の手も近づいて、ほんとにビーチャーさんは目が離せない人です;

いつも分かり易くて面白いストーリーラインありがとうございます☆
来年も続きを楽しみにしています♪
どうか良いお年をお迎え下さい!

| あけぼの | 2009/12/31 13:43 | URL |

ウェルカムです! あけぼのさん(^▽^)

> パソコンがダメな肉体派とそれをサッと直す頭脳派…
> お約束とは言っても、やっぱり萌えがありますww

そうですよね!萌えますよね(´∀`*)もうこのシーンは私もツボです!

> いきなり人殺しとは…ケラーさん、短絡的にもほどが?!
> バレたら一生ビーチャーさんにうらまれますよっ!

そうですね(^^)ケラーさんは短絡的に見えますが、言い換えれば本能に忠実なんですよね~(笑)欲しい物は奪い取るってのは、昔からの手段ですもの。
ビーチャーさんにばれたら大変だから自分の手を汚さずにするために、ライアンに殺人を依頼してるんです。ライアンはその点はスペシャリストですから、絶対に証拠は残しません。
OZには殺人依頼を受ける人が他にもいるのですが、ライアンを選ぶ辺りさすがケラーさんは人選に抜け目がなくて賢いですよ。
本能で動きつつ賢いなんて・・ああ、とても萌えます!(≧▽≦)

暖かい応援ありがとうございます!来年も期待に応えたいと思います(^^)
では、あけぼのさん どうぞ良いお年を!!(=^▽^=)ノ

| はちだんご | 2009/12/31 21:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://0948779.blog18.fc2.com/tb.php/65-5355c323

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT