ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海外オリジナル・スラッシュの感想~⑪~

久しぶりに海外オリジナル・スラッシュ小説の感想を書こうと思います。
ちなみに、ここで言うオリジナル・スラッシュというのは、海外版オリジナルBL小説のことです。

さて、今回紹介するのは、無料のオリジナル・スラッシュです。
それは過去にブログで紹介した名作「Like a Sparrow Through the Heart」の作家Aggy Birdさんの別の作品シリーズです!

ほんと今さら過ぎると言ってもいいのですが、作品の設定にそそられないという理由で食わず嫌いで読んでいなかったAggy Birdさんのその別シリーズの作品をつい先週、気まぐれに読みだしてから予想外にドハマりして夜中の2時まで毎日読むほど読み続け、とうとう最後まで読み終わり、その作品の萌えを発散したくてしかたないので今回感想を書くことにしました!!

やっぱり読まず嫌いは損というか、やっぱりAggy Birdさんの作品は最高に良い!!!(>▽<)
私の場合、いくらお気に入りの作家でも普通は設定やキャラが自分の好みじゃないと、試読みしてもその作品に興味がわかないのですが、Aggy Birdさんのこの作品はほんと萌えました。もうこの作家に関しては設定関係なくすべての作品を読もうと決心!!

最近は海外オリジナル・スラッシュの有名作家の作品が日本で翻訳されて販売されてきていますが、私が出版社ならきっとAggy Birdさんを口説き落として翻訳本を出版しますね!
長編だとキャラの心模様の変化や話の展開にユーモアがあるし、キャラの生活ぶりが詳細で面白いし、キャラ同士の誤解による葛藤もあるしで本当に面白い!!
エロは大抵薄味じだけど話が本当に面白いから全く気にならない!(ここ重要。私は大抵エロ目的で読むから 笑)

ただ、Aggy Birdさんの書く話では、モンスターとか獣人とかの人外キャラ同士の恋愛模様をテーマにする点が特異なのでその点でとっつきにくいでしょうが、日本のBL漫画ジャンルではそう珍しい設定でもないし、小説でもきっと表紙の絵と翻訳さえ上手くできれば流行ると思う!
Aggy Birdさんほどユーモアと葛藤を混ぜた話の展開が魅力的で読みやすいオリジナル・スラッシュ作家を私は知らない…もしAggy Birdさんと同じレベルの作家がいるなら教えてほしいぐらいものすごく萌えが合うお気に入り作家です。

おっと、すみません。作品のタイトルを書く前に前置きが長くなってしまいました。でも、ほんとに久しぶりに良い作品を読めたので興奮しすぎたせいですので、どうかお許しを(^^;)

では、以下にその作品のタイトル紹介と感想をさらに無駄に熱く書きたいと思いますので、以下の点にご注意ください。
*続きを読む前の注意*
・ここで言うスラッシュ小説とは、BL(男同士の同性愛)を扱った英語の小説ですので、苦手な方は読まないように。
・この感想は私の独断と偏見です。あと、私の英語の読解力は未熟なので、感想文の中に読み間違いや誤解があるかもです。もし間違いに気づいたらやんわり指摘してくださいませ。
・感想の部分にはネタバレがあるのでご注意ください。

上記の注意に納得された方は、続きをどうぞ。


それでは、私が今回一押しするAggy Birdさんの作品はモンスター・シリーズ「Frank-in-Love」と「Greg the Vampire」です!
このシリーズの一番目の「Frank-in-Love」は高校生モンスターの青春恋愛ものと言っていいような話で、最初設定を見た時は、大人同士の恋愛が好きな私としては食指が動かない設定だし話も短いし、私の苦手な一人称の話という点もあり、なかなか興味が湧かなかったので長い間放置していたのですが、読み始めてみたらもう話の世界に引き込まれてすっごく気に入りましたので、設定にピンとこなくても読んでみることをお勧めします!!

シリーズ第一作目は、十代の多感な若いモンスターFrankの恋愛模様
Frank-in-Love」 全3章(完)
ジャンル:ファンタジー(人間には知られていないモンスターたちの住む町が舞台)
カップリング:風変りな高校生吸血鬼×ちょっと内気な高校生モンスター
属性:金持ちで気取り屋の策略家攻め×気難し屋の天然受け
人称:一人称(受け視点)
エロ度:PG-13(キスあり、具体的なエロシーンはなし)
(あらすじ)
フランケンシュタインの父と魔法使いのジプシーを母に持つ一人っ子のFrankは、見た目があまりに人間っぽいのに引け目を感じている多感な高校1年生。
入学式が終わってしばらくしたある日、博物館への見学授業のためクラスでバスに乗っての移動中、イアフォンで音楽を聞きながら一人で席に座ってバスの窓の外をぼんやり見ていたFrankの隣の席に、明らかに吸血鬼と分かる全身黒づくめの見知らぬ男子が腰を下ろしてFrankに愛想よく話しかけてきた。
それほど社交的ではないFrankは、無愛想な返事をして相手が引くのを期待したが、なぜかDrakeと名乗るそのハンサムな男子は、めげずにFrankの気を引こうと話し続け、見学授業の課題を一緒にやらないかと誘ってきた。深く考えずにそれに同意したFrankは、それがDrakeとの深い付き合いの始まりになるとは、その時は全く予想していなかった。

(感想)
この話はとにかく可愛くて面白いです!主人公のFrank視点でDrakeとの出会いからDrakeとの日常の学園生活が描写されるんですが、Drakeからの明らかな好意(感謝と称して頬にキス)を外国流のマナーだと思って気にしないFrankの天然ぶりが面白くってしかたない!分かりやすいDrakeの態度からFrankの他の友人(おっちょこちょいな子犬系狼男子と気の優しい魚人系男子)はDrakeがFrankを愛していて周りに対して独占欲むき出しなのを知ってるけど、Drakeとは親友関係だと思っているFrankはそれついてはある事件が起きるまで全く気づかないというのがまた面白いところです(笑)
この友人たちもそれぞれ面白いのですが、Drakeのお父さん(古典的な吸血鬼)がまたとてもキャラ立ちしたクセのあるキャラでほんとこの話は脇キャラがすごく良いです!!
話自体は短いのですが、Drakeの主人公への熱心かつ策略的なアプローチが可愛いし、主人公の心理変化の描写が丁寧でユーモアがあって、モンスター設定を抜けば普通にアメリカ高校生のユーモア青春恋愛話として読めて楽しいです!可愛い青春ハッピーエンド話が読みたいならぜひお勧めです!


さて、次に紹介するのはDrakeの兄Gregが主人公の話です!
これが私の好み的には大本命です!(笑)
シリーズ第二作目 
Greg the Vampire」 全21章(未完)
↑未完だけどある意味、キリが良いところで終わっているので個人的には読み終わって十分満足。

ジャンル:Frank-in-Loveの話から約7年後の設定。
カップリング:陽気で男前な不死鳥人種の男×クールなツンデレ吸血鬼泥棒
属性:陽気で純情な男前攻め×ツンデレ純情受け
人称:三人称(受け側からの描写のみ)
エロ度:R?(エロ未遂。でも、抱擁&キスシーンは後半多々あり)
(あらすじ)
父親に反発して家出をしてから裏社会で怪盗稼業にいそしむ独身のGregは、ある日突然の弟Drakeからの電話を受ける。その電話で父親が死んだと聞いて驚いたGregは大慌てで父親とDrakeの住む町に行ったが、到着するとそれは聞き間違いで父親は生きていると知る。機嫌を悪くしてすぐに帰ろうとするGregを弟は必死で別の用があると言って引き留める。
その用件とは、親のない子供のモンスターのための孤児院を設立する資金を作るために財宝の買い手をGregに探してほしいという話だった。Gregは面倒な話だと断ろうとしたが、そこへ不死鳥人種の男Luceが現れた。Luceは体格の良い陽気な雰囲気の男でこの孤児院の設立の中心人物だと言う。
そのLuceから報酬を出すから協力してくれと頼まれたGregは、弟からも熱心に孤児院の設立のためだと頼まれ、体面を考えてしぶしぶながらも了承する。
その時までGregは、財宝の買い手を見つけるぐらい数週間で終わる簡単な仕事だと思っていた。だから、成り行き上仕事が終わるまでLuceの家に泊まることになっても大した問題だと思わなかった。
だが、仕事にとりかかったGregは、次から次に起こるハプニングやLuceとの愉快な共同生活、そして孤児院の設立を邪魔する敵の出現ですっかり深く巻き込まれ、どうにも抜け出せなくなってしまう。そして、そのことがGregの孤独な心に徐々に変化を及ぼすのだった。


(感想)
上記に簡単にあらすじを書きましたが、ほんとに簡単に書いただけです!Gregの登場から孤児院設立に協力する間にほんといろいろ小ネタがあってそれがほんと面白いです!この話はGregとLuceの恋愛話がメインと言うよりも、孤独で無愛想でプライドの高いGregがLuceやその他のキャラたちと交流する中で心を開いていく様子がメインという感じの話です。
このGregというキャラが、私はほんと大好きです!
Gregは、年は912歳で長生きしてるけど、見た目や精神年齢は30代前半ぐらいで短髪黒髪に無精ひげで、昔恋人に殺されかけてついた傷が顔にあるというワイルドな風貌ながらも、高級な黒スーツを着こなすオシャレさんで、魔法の知識も豊富な超一流の怪盗という男。
子供の頃に父親に無茶な教育をされたのと過去の恋人の裏切りのせいで無愛想で頑固で冷たい性格になってしまい、今も独身を貫いているけど、やっぱり寂しいから魔性の子猫をわざわざ召喚してペットにして一緒に暮しているという、もうその設定だけで応援したくなるキャラです!!(笑)
そんな寂しい生活がLuceの孤児院設立プロジェクトに協力することになって、Luceの家で共同生活するようになったことで、もうユーモアとハプニングだらけの愉快な生活に一変し、そのことでGregのツンツンに尖った無愛想な性格は少しづく変わっていくのですが、その描写が丁寧ですごく良いです!
これが下手な作品ならキャラの性格を激変させるけど、Gregは最後まで基本的にはクールで皮肉屋な性格が維持されていて、だからこそある瞬間に感情的になった時のギャップがぐっときます!

そして、私はもうこのLuceの陽気で男前なキャラも大好きです!
陽気で大雑把で温かい性格のLuceは、気難しくて扱いにくいGregにも優しくて、共同生活が長くなるうちに、愛情もすごく表現するんだけど、Gregがそれを特別な愛情じゃなくて単なる友情だと誤解してしまうのが面白くもあり切ないです。ほんとGregは鈍感すぎるというか、愛されることに関しての自己評価が低いキャラなんです。
Luceは不死鳥人種なので怒ると髪の毛から煙が出たり、Gregの昔の恋人が出現した時とか嫉妬して髪から火が出たぐらい感情表現が分かりやすいんですけどね(笑)
でも、情熱的な面もあるけど、ほんと紳士なところもあって、Gregが事故で媚薬を口にしてエロエロになった時には、Gregの傍にいながらも必死で自分の欲望を抑えて徹夜で我慢したぐらい、人の弱みには付け込まない誠実で良心的な男で、そこがとても好きです!
このLuceの普段のGregへの何気ない日常の愛情表現ぶりは、もうほんと萌えと癒しが満載です!
あと、Luceに関しては、変な黄色い鳥形カップをマイカップにしていたり、甘いもの大好きだったり、妹思いの良いお兄ちゃんだったり、Gregとの共同生活維持のためにいろいろ画策するとか、Gregに関することで独占欲見せたり強引になったりとか…萌えポイントは他にも多々あるのですが、ここに書ききれないのでぜひ読んでみてくださいませ!
ちなみに、私の一番好きなシーンは、Gregが食事用の血液宅配を頼んでいる店から電話がかかってきた時にLuceがその注文契約を勝手に解除しちゃうシーンですvその解除によってGregが自分の首から血を飲む習慣はそのまま継続することになるのですが、その時のGregの戸惑った様子とLuceの満足そうな様子の対比がほんと面白いですv

あと、この話の脇キャラもすごく良いです!
「Frank-in-Love」に登場したキャラも再登場してそれぞれ面白いし、Luceの妹Summerやその家族もキャラが面白くてその関係も素敵だし、孤児院の屋敷に住みついているモンスターや孤児院にやってくるモンスターの子供たちもそれぞれとっても個性があって、そのキャラとGregの関わりもすごく面白いです。
人手がないから子供の教育係みたいな役をGregがして振り回される様子はほんとに可愛いですよ!
それにGragのペットも増えるし、そのエピソードも面白いのですが、詳細はぜひ読んでいただきたい!このペットたちの描写やGragのやり取りのシーンはほんと可愛いです!!

今、この話全体を振り返って見ても、登場人物たちの日常生活の様子と日々のイベント、そして時折現れる敵の存在などが話の中に織り込まれていて、ほんと飽きません。
GregとLuceの愛の行方は結末までは書かれてないけど、今のままの共同生活関係でも私は満足です。だって、もうお互いが片思い状態で仲良く共同生活しているので、残るのは愛してるって確認するだけですからね(笑)

さて、長々とまとまりなく感想を書きましたが、要するにこの作品はとても面白いのでお勧めです!
話のつながり上、「Frank-in-Love」から読まないと話が分からないことが多々ありますので、「Greg the Vampire」に興味のある方は、ぜひ「Frank-in-Love」を読み終わってから読んでくださいませ。
「Frank-in-Love」はおそらく休日なら1日で読み終われる長さだと思います。

今回の感想は以上。それでは、また次回もお楽しみに。
スポンサーサイト

| BL、やおい、同性愛 | 15:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2015/12/12 10:36 | |

Re: ありがとうございます!

きよこさんへ

コメントありがとうございます!
オリジナルスラッシュは読む人まだ少ないので、楽しさを共有できて嬉しいです(^^)

Frank-in-Loveはほんと良い作品で、無料で読めるのがありがたいです。ちなみに、この作者は有料のオリジナルスラッシュも電子書籍で販売しはじめましたが、内容はまだ無料の作品よりも劣るので今後が楽しみです。

ではでは、ありがとうございました(^^)

| はちだんご | 2015/12/12 11:15 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。