FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海外オリジナル・スラッシュ小説のあれこれ

久しぶりの海外オリジナル・スラッシュ小説の記事ですが、個人的に驚いたニュースだけをご紹介!!

なんとなんと、私が個人的に大好きなスラッシュ作家のAleksandr Voinovさんの作品が日本語翻訳されたんです!!
今日たまたま知ったので書きながら興奮しておりますが、ほんといつの間に!!という嬉しい驚きです!

何しろ、この作家は私のお気に入り作家の中で一番好きと言っていい作家なんですよ!

以前にも紹介しましたが、この作家の「Special Forces」シリーズや「GORGON」シリーズは、癖はものすごく強いんですが、私の萌えツボのど真ん中を打ち抜いてトラウマにさせるレベルでした。

まあ、上記の作品は癖が強いので好き嫌いがでてくるでしょうが、他の作品ではBL風な柔らかい作品もあるし、作品の内容に波はあってもこの作家は文章力が高いので好みの設定の話ならぜひ読んでみると良いと思いますv

さて、話を日本語翻訳の方に戻すと、Aleksandr Voinovさんの日本語翻訳作品が発表されるのは、
BL小説の大手雑誌 小説 Dear+ (ディアプラス) の 2013年 08月号で、現在販売中だそうです!



そして、その気になる日本語に翻訳された作品は「Skybound」という作品です。


ラッキーというか、この作品は去年キンドルでも販売されている作品なのですが、私はまだ未読なので内容は知らない作品です(試し読みはしてたと思うけど、短編だったので読む気がすぐにはしなかったから)。

あらすじ説明を読むと、第二次世界大戦中のナチス・ドイツを舞台にしたパイロット×整備兵の戦中ラブロマンスみたい。
ちなみに、海外本読みコミュのGoodreadsでの評価はかなり高いので内容は期待できる作品と思います!

ああ、それにしてもほんと、Aleksandr Voinovさんの作品が日本語で紹介される日がこんなに早くこようとは思わなかったです!
日本のBL小説ファンの中で知名度が上がると良いなあv

余談ですが、もし長編が日本語翻訳されるなら「Dark Soul」シリーズあたりがBLファン向けとしてはいいだろうけど、間違っても「Special Forces」は長編すぎるし内容が過激すぎるしで翻訳されないだろうなあと思います。でもほんと、私はこれと「GORGON」シリーズの2巻目が萌えるのでお気に入り。英語で読めると言う方はで、過激でもOKな寛容タイプなら、一度トライしてみてください。

ついでに言うと、話の構成は手抜きでダメだけどキャラ萌えの点では私のツボだったVoinovの作品としては 「Incursion」と「Risky Maneuvers」も好きです。どちらもカップリングのキャラがとても萌えたんですが、話が長編向きなのに短編にしているから最後部分が適当すぎるという欠点がありました。特に「Risky Maneuvers」はどうしてあんな不要な急展開にしたのか今でも惜しい…あのロシア人キャラがほんと好きだったから。

それはともかく、Aleksandr Voinovさんの日本語翻訳作品を読むべく明日は書店に走りたいと思います!(>▽<)
スポンサーサイト



| BL、やおい、同性愛 | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT