FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

手に入れて良かったv

二次創作や海外オリジナル・スラッシュ小説ばかり読むので、ここ数年、日本のオリジナルBL漫画は興味がわかなくて買わないのですが、久しぶりに買ってみました。とは言っても、2007年発行の古いBL漫画です。

どんな漫画かと言いますと、以前に翻訳スラッシュ小説の記事でふれたローマ帝国時代の剣闘士ものBL漫画「ウィルトゥース」です。
ええ、昔、古本屋で立ち読みしたと書きましたが、内容をほとんど覚えていなかったので読みたくなったのです。
それに、あの当時よりも今の私はBLよりもゲイ嗜好になってるので、この表紙にそそられるんです(笑)あと、海外歴史ドラマ「ROME」にハマった影響から、がぜんにローマ帝国設定に魅かれるんです!しかも、この漫画の作者は逞しい肉体美を描くことに定評のある人なので、それらを総合するとよけいに見たくなったわけです。

でも、この漫画はすでに絶版。中古でもネットで探すと元の値段よりも高額になってる状態です。
だけど、BLの女神が微笑んでくれたお陰で、ラッキーなことにたまたま中古で定価より安く売ってるのを見つけてゲットできましたvその喜びにのって感想を続きに書こうと思います。

*読む前の注意*
・男同士の同性愛漫画の感想です。ネタバレもあります。苦手な方は読まないように。


「ウィルトゥース(雄心)」 (オークラコミックス) 作者:田亀 源五郎


カップリング:金髪の人気No.1の剣闘士クレスケンス×黒髪の剣闘士ガイウス(受け攻め固定)
属性:傲慢俺様攻め×強気受け

*あらすじ*
ローマ帝国時代、剣闘士養成所で剣闘士にするために連れて来られた奴隷ガイウスは境遇に希望を見いだせず、生きる気力を失っていた。そんな無気力なガイウスを見て、ローマ帝国随一の人気剣闘士・クレスケンスは興味を示す。そして、ある日、ガイウスはクレケンスに無理やり犯されてしまう。屈辱の怒りに燃えるガイウスの目を見てクレケンスは「悔しければ、俺よりも強くなるんだ」と言った。その日からガイウスは、クレスケンスを憎み、いつの日かクレスケンスを殺す為に剣闘士として生きていく決意をする──。

*感想*
手に入れて良かったです!クレスケンスがとてもカッコイイ~!投網剣闘士の衣装がこれまたカッコイイです。それに、この漫画のキャラの肉体美の描写がとても素敵!クレスケンスの闘技場シーンに惚れ惚れします。それに、クレケンスの傲慢な俺様ぶりの言動も素敵v相手が貴族の奥様であろうとも傲慢な口ぶりでとにかく強いキャラ。俺様全開なのが良いv
でも、そんな俺様でも、ガイウスとの関係が進むにつれてちょっとずつ優しさを見せてくるところにとても萌えます!(>▽<)
例えば、「そうやって貴様が俺を大人しく受け入れれば、俺も手荒な真似はせん」とか言ったり、「感じるか ガイウス?」とか気を遣うような事を言ったりするんですからね(萌) それにクレスケンスがガイウスを最初にレ●プしたのも、実は無気力なガイウスに生きる気力をもたせるためで、乱暴だけど彼なりの思いやりという事が後でわかるんです。まあ、他に方法もあろうにと思うんですがそこはBLファンタジーってことで不問(笑)
ガイウスに憎まれているのを自覚しているのにそんな愛しかたしかできないクレケンスの不器用さが男っぽくて良い!
とにかく、クレスケンスがすごく好みの攻めで大満足!(>▽<)

受けのガイウスの方は、ちょっと毛深いけど個人的には許容範囲内。性格もマジメで我慢強くて男らしい点が好みです。ただ、作中の心理描写が少なく、前半は特に寡黙なキャラだったため、キャラとしての魅力がクレスケンスより落ちるところがちょっと残念。何を思っているのかという心理描写がもっと細かくあれば、特に心理的葛藤シーンがもう少しあればもっと読んでいて楽しめたし共感できたのにな~と残念です。

さて、もともとこの作者はゲイ向け作家さんで、しかもハードコアな作風らしいです。
この表題作「ウィルトゥース」では、かなり控えめにソフト化されていますが、鞭打ちシーンやコアな反倫理的シーンが少しあります。でも、Hシーンまでも簡潔で短いのはちょっと残念です。まあ、とにかく、刺激をソフト化して腐女子向けにしたという努力をかなり感じます。この作風は、海外スラッシュ小説を読みなれている私としてはちょうどいい塩梅でした。ラストも素敵にハッピーエンドなのでお勧めの話です。

でも、しかし、この「ウィルトゥース」に収録されている短編2作については、完全にアウトでした。(ーー;)
エロ度もハードコア度も一気に上がって、ついでにキャラの年齢も上がってました。完全にゲイ向け。
いくら私はオヤジ好きとは言え、BL漫画家でいうと西田東さんの描くBL漫画ぐらいが好みのオヤジのレベルなので、熊系のおじさんやおじいちゃんやマゾ男に萌えるほどコアな趣味ではないため、この二作にはどん引きました。ウィスキーの水割りを飲んで気持ちよくほろ酔いになったところに、テキーラをストレートで2杯飲まされた気分。腐女子にはきつかったです(^^;)「ウィルトゥース」だけの方が良かった。もし、古本屋でこの漫画を立ち読みされる時は後ろの二作にはご注意を。

それはそうと、ローマ帝国漫画といえば!
お風呂系ユーモア漫画「テルマエ・ロマエ」の4巻がそろそろ発売ですね。ルシウス風呂技師の活躍が楽しみですv

スポンサーサイト



| BL、やおい、同性愛 | 15:31 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いつも意外な萌え作品の紹介、ほんとにありがとうございます!

全然BLっぽくない感じの表紙ですけど
これで女性向けなのですねっ!
でも私も最近ようやく筋肉スキーになってきたので
こういうのも読んでみたいです~。

| あけぼの | 2011/08/15 09:47 | URL |

ウェルカムです あけぼのさん(^▽^)

> いつも意外な萌え作品の紹介、ほんとにありがとうございます!

そう言ってもらえてとっても嬉しいです!(>▽<)
マイナー嗜好なので共感して楽しんでもらえる方がいるとほんと嬉しいです!

> 全然BLっぽくない感じの表紙ですけどこれで女性向けなのですねっ!

ええ、これでも女性向けですよ、BLも範囲が広がってきましたよね!(笑)
ゲイ向けの絵師さんが書くのでホンモノっぽい絵でBL向けな内容が楽しめるという稀有な作品です。

> でも私も最近ようやく筋肉スキーになってきたので
> こういうのも読んでみたいです~。

そうなのですか、同好の仲間が増えて嬉しいです(*^v^*)
ぜひ機会があれば読んでみてくださいませ。BLとゲイ向けの合体作は新鮮な感じですよv
あとは、以前にこのブログで紹介しましたが海外作家による海賊ゲイ漫画「Black Wade」もお勧めですv

それでは、コメントをどうもありがとうございました(^▽^)/

| はちだんご | 2011/08/16 21:12 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT