FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関テレ編集版・海外ドラマ「ROME」~三回目~

さて、先週分は書きそびれたのですが、「ROME」はちゃんと録画して見ておりますv
3話「ローマ入場前夜」が先週放送され、4話「休戦の使者」が昨夜放送されました。

一度全部見ていると、この後こうなるというのが分かっている分だけさらにシーンの裏が分かるので面白いです。
特にアティアとセルウィリアのシーンは、後のことを思うと第4話で上品に会話しているのが怖いです(笑)
あと、アティアはほんと最初のころは特に豪華な衣装姿が綺麗ですね~。
ローマ時代の衣装はほんと素敵です(^^)

それにしても、やっぱり残酷シーンとかは上手にカットされてましたね~。
もうそのシーンを書き出したりしませんが、編集さんGoodJobです。
これならNHKで放送してもOKだと思いますよ。全国放送して欲しいものです。

さてさて、第4話から特に腐女子な私の萌えるシーンがいろいろあるので、
この後は、萌え視点で全開で好きに感想を書こうと思いますv

*続きを読む前の注意*
・やおい視点、同性愛視点等が苦手な方は、続きは読まないようにお願いします。
・ネタバレしております。

上記のことに、それでもいいよという寛容な方は続きをどうぞ。


さて、どこから話すかと言いますと、第4話「休戦の使者」です。
第4話でローマをカエサルが占領し、ヴォレヌスは軍人を辞めて商人として再出発するという展開になります。

私は、百人隊長のヴォレヌスが大好きなので、その点ではちょっとつまらない展開です。
それに、プッロまで第3話の最後で金塊と共に逃亡してしまうし、どうなることやらと最初見た頃は思っていました。

まあ、プッロのことはちょっと後において、ヴォレヌスが商人になるという話ですが、
真面目で堅物で愛想が悪くて、融通も利かないし、資格・経験と言ったら戦場での戦闘スキルしかないとか、ヴォレヌスが商売をしようというは、ほんとどう考えても無謀。
ダメだろうと心配したのは、私だけではありませんでした(笑)

ヴォレヌスの上官のアントニウス将軍が、さっそく使者を向けてヴォレヌスを家に呼び出します。

ああ、それにしても、アントニウス様はヴォレヌスを家に呼びつけておきながら、素っ裸で新調する服のために体の測量させてる最中に会うとか・・・まったく、大胆すぎますよね(笑)
関テレでは当然カットですが、前ももろに映すシーンをとった監督も大胆です。
あれは視聴者サービスだったのでしょうか?(笑)

それはともかく、このシーンでのアントニウス様のヴォレヌスへの台詞がいちいちとても萌えます!!(>▽<)
ちゃんとメモしてないので、記憶&適当ですがちょっと書き出すと

アントニウス(素っ裸で体の測量中)「よう、ヴォレヌス。軍から逃亡したんだってな。罰として磔にされても文句は言えんぞ」
ヴォレヌス「いいえ。私は逃亡していません。ローマに入れば、私は軍人ではありません。法律にのっとっています。」

(言い合いを省略。ヴォレヌスが商人になる意思を表明、アントニウスはそれを呆れた顔で聞く)

アントニウス「商人だと?ハハハ、お前みたいな根っからの軍人が、商品を数えて相手に渡したり、帳簿をつけたりするのか?気が狂うぞ」
ヴォレヌス「ええ、そうかもしれません(苦笑)」
アントニウス「止めておけ。お前にそんなことは似合わない。それよりも、今、俺にはお前が必要だ。カエサル将軍もそうだ。軍団に戻れ。今なら古参兵として優遇するぞ。軍団の最高位につけよう。給料も1万セステルティウス払う。どうだ?」
ヴォレヌス「・・・お言葉は嬉しいのですが」
アントニウス「戻らんと言うのか?」
ヴォレヌス「はい」
アントニウス「(ため息)お前も頑固な奴だな。・・・俺の話はそれだけだ。断るならもういい、帰れ!」
ヴォレヌス「では、失礼します」
アントニウス「・・・おい、ヴォレヌス。次に会うときは、俺は今回ほどお前に甘くはないぞ
ヴォレヌス(無言頷き、立ち去る)

若干台詞はあいまいですが、こんな意味のことをアントニウス様は言ったのですよ!(>▽<)
ヴォレヌスの前で素っ裸で(笑)
ああ、なんて告白の仕方&フラれ方!

見ながら私の心境としては”ヴォレヌス隊長!! アントニウス様がこれだけ譲歩して、優遇するから残ってくれって言ってるのに、考えるふりもせず即断るなんてひどいですよ!! 愛がない!”です(笑)
プッロも別の時にヴォレヌスに向かって「愛がないっ」って言ってましたが、ほんと冷血というか相手の気持ちに鈍感なのですよね、ヴォレヌスは(苦笑)

でも、アントニウス様は”次も”ヴォレヌスに甘いですけどもね(笑)
ああ、アントニウス/ヴォレヌスも妄想したら萌えます(*´ェ`*)
ドラマを最後まで見ると余計に、この二人の絆が強いのが分かりますしね。
ああ、誰か書かないかな~この二人の話。
ああ、関テレで「ROME」絶賛放送中だし、このドラマを腐女子がたくさん見ていることを願います。

さてさて、ドラマで他にもいろいろ起こるのですがそれは省略して、
ヴォレヌスと奥さんのニオベが家にいるときに、ポンペイウスの息子が賊を連れて行方不明の金塊のありかをヴォレヌスが知っていると思い込んで襲いに来るシーンで、ついにプッロが登場するので、そこのあたりの話をすると。
l6
↑の写真のように、無防備だったヴォレヌスは賊に襲われていきなりピンチになるのですが。
その時、その場にさっそうと白馬に跨った騎士ならぬ、金塊のおかげで羽振りがよくなったプッロが御輿に乗ってやってくるのです。
何もしらないで戻ってきたのに、このタイミングのよさとは、さすが忠犬プッロです(笑)

さて、プッロは機転をきかせて賊を倒し、ポンペイウスの息子を縛って生け捕りにします。
そして、ヴォレヌスはプッロが金塊を持っていることを知り、プッロが勝手に金塊を横取りしたせいで、自分も妻も死にかけたと言うことで当然、怒ってプッロを叱ります。
そして、金塊がもともと国庫のものだったので、カエサルに報告して渡せとプッロに命令します。
プッロも事の大きさにしぶしぶ金塊を諦めて、カエサルに報告することを同意するのですが、

プッロは、ヴォレヌスに向かって心細そうな顔で、”一緒についてきて欲しい”って頼むんですよ!
ああ、プッロ、大人でガタイもいいし腕も立つのに、ついて来てだなんて、子供みたいで可愛すぎます!ヴォレヌスを頼ってるのにも萌えます!(>▽<)

でも、ヴォレヌスは、自分の責任だ。一人で行ってこい!と厳しいです。甘やかしません。
プッロは部下だし、上司としての責任感(保護者意識)から一緒について行ってあげたらいいと思うのですけどね。
ヴォレヌスはシビアです。

でも、プッロもちゃっかりした部下ですよね(笑)
カエサルとアントニウスの前に来て報告する時の台詞が、「ヴォレヌス隊長に言われて来ました」で始まるんですから(笑)
ヴォレヌスは金塊の件に直接関係ないから、言わないほうがいいと思うのに、プッロはちゃっかり巻き込んでいます。
まあ、カエサルはそんなことよりも、金塊が発見されたことに注目するので処罰もしないからいいのですけどもね。プッロの失態に巻き込まれたらヴォレヌス大変な目にあうとこでしたよ(苦笑)
忠犬になるとは言え、この時点では、まだまだプッロは手のかかる問題な部下です。

さて、ここまでがだいたい4話の話で萌えたシーンの話です。
そして、プッロがヴォレヌス家に住み着くのがこの辺りからですよね(笑)
そして、”家政婦は見た”ならぬ、”居候は見た!”ということで、プッロがヴォレヌス家に騒動をまた起すんですよね~(笑)
ああ、次も録画してみるのが楽しみですv

スポンサーサイト



| 海外ドラマ(ROME) | 00:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちわ!
ROMEは萌えが多くて困りますよね★アントニウス様とヴォレヌスのツンデレ同士??もいいですし、プッロとヴォレヌスのラブラブっぷりも大好きなので、このお話はニヤニヤが止まりません★あーもぉ第13軍団万歳!
それでは、またROME話&OZ話を楽しみにしてマスので。おじゃましました~。

| おろち | 2010/11/20 16:48 | URL |

ウェルカムです おろちさん(^▽^)

ほんと「ROME」は萌えどころが満載ですよね~(^^)
人間関係も濃厚だし、挨拶の仕方も熱いところがもう・・・(萌)

>アントニウス様とヴォレヌスのツンデレ同士?

ハハ(>▽<)
アントニウス様のあの態度は、ツンデレと言われればそうですね~(笑)
でも、デレてみたのに、鈍感なヴォレヌスに気づいてもらえそうにないとか多そうですよね(笑)
ああ、このカップルも妄想したらほんと楽しいですね(>▽<)

>プッロとヴォレヌスのラブラブっぷりも大好きなので、このお話はニヤニヤが止まりません★
あーもぉ第13軍団万歳!

そう叫びたくなるその気持ちは私も同感です!(>▽<)第13軍団万歳です!!!
プッロは可愛いです!ああ、ほんとROMEの人間関係は素敵ですよね~!(>▽<)

ああ、興奮しすぎました(笑)
ではでは、おろちさん コメントをどうもありがとうございました(^▽^)/

| はちだんご | 2010/11/20 20:27 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT