FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

刑務所ドラマ「OZ」 ・+妄想話+・

久しぶりの妄想話ですが、この話はずいぶん前に書いて放置していた手抜きな話です。
今は、OZ祭り中なので何か出したいなということでサルベージしました。
内容は一応ギャグ系です。
たまたまですが、アンケートでもギャグ系が一番要望がありましたので、ちょうどよかったかなと思います。
でも、手抜きなのであんまり期待には応えれてないかもしれません(^^;)

そうそう、アンケートへの投票と投票コメントをしてくださったみなさん、どうもありがとうございます。
そろそろギャグや甘々以外の要望にも応えようと案を捻っております。お待ちくださいませ(^^*)

では、いつものように以下は注意です。
*注意*
・この話は台詞だけの手抜きなやおい話です。
・ビーチャーとケラーはカップル設定で、他は適当なので、ドラマの展開状況を知る要素はほとんどないです。
・男同士の同性愛前提です。

以上でもいいよという寛容な方は、続きをどうぞ。


*エムシティの広間*

「しまった!」
「ああ?、待ったはなしだぜ、K-boy。チェスに待ったのルールはねえからな」
「おい、オライリー 今日は7月何日だ?」
「あ? 7月7日だな、それがどうした?」
「ああ、くそう!! トビーの奴、いつまでホールに入ってるんだ?!」
「さあな、マクマナスの気がすむまでじゃねえか?」
「ファック! あのハゲ野郎!」
「・・・・。まあ、とりあえず、落ち着けよ、K-boy。気長に待て。いつものことだろ?」
「これが気長に待てるか! ああ、くそう! せっかく計画が台無しだ!」
「?? 何か計画してたのか?」
「ああ。トビーの誕生日だからな」
「ビーチャーの誕生日? ああそう言えば、たしか明日か。」
「・・・オライリー、お前ビーチャーの誕生日がいつか知っていたのか?」
「ああ、もちろんだぜ。顧客情報を掴むのは商売の基本だからな」
「ああ・・なるほど。商売熱心だな・・・ふ~ん」
「おい、K-boy、変に勘ぐるなよ? 別にビーチャーが特別ってわけじゃねえぜ?」
「ほう? じゃあ、俺とアルバレスの誕生日は? パンカーモのはどうなんだ?」
「・・・なあ、K-boy、そんなことよりも。ビーチャーの誕生日の計画について考えた方が有意義じゃねえか?このままじゃあ、あいつはホールで誕生日を一人寂しくすごす目にあうぜ?」
「!! ああそうだ、俺のトビーベイビィ! おい、オライリー何か手はないか?」
「看守を買収してプレゼントを渡すとかならできるぜ?」
「それはいただけないな。全然ダメだ。」
「だったらどうしたいんだ、K-boy?」
「・・・・。おし、今からマクマナスに直談判に行ってくる!誕生日ぐらいホールから出してくれたっていいはずだ!」
「!? おい、K-boy!」

~~~~~~~~~~~~~~~
*マクマナスの事務室*

「それで、どうして僕が君の願いを聞き入れると思うんだ、ケラー? ビーチャーがホールに入っているのは規則を破った罰だ。誕生日だからって免除できないよ。」
「・・・・。一日でいいんだ、マクマナス。後はまた戻して期限までホールに入れたらいいだろ?」
「ケラー、僕は見ての通り忙しいんだ。そんな囚人をホールから短期間に出したり入れたりなんて手間なんだよ!」
「・・・だったら、俺をビーチャーと同じホールに入れてくれ。ホールから出るのはビーチャーと同じでいい」
「ケラー いい加減にしてくれ!素っ裸の君達二人をホールで一緒にしたらどうなるか分からないほど僕が馬鹿だと思うのかい!?」
「・・・・・・。いや。」
「ああ、まったく! さあ、ケラー もう用件は済んだだろ? 部屋から出て行ってくれ。」
「なあ、マクマナス?」
「なんだ?」
「ハウエル看守と最近もヤッてたってことマーフィー看守に話していいか?」
「えっ、な? 何だって?! どうして、どうやってそれを君が知って?!!」
「そんなことはどうでもいいだろ? なあ、 マーフィー看守は聞いたらどうするだろうな?」
「・・・どうすることもないだろ。彼には関係のない話だ」
「そうか?・・ああ、そうかもな。じゃあ、さっそく話しに行くぜ。じゃあな」
「おい、待て! ケラー!!」

~~~~~~~~~~~~~~~
*ビーチャーとケラーのポッド*

「信じられないな。まさかこんなに早くホールから出られるなんて・・・」
「おいおい、ぱっとしない顔だな、トビー、ホールから出られて嬉しくないのか?」
「それは、クリス、もちろん嬉しいよ。でも」
「でもはナシだぜ。トビーベイビー、考えすぎるなよ。」
「クリス、でも・・・んんっ」
(キス中)
「ん・・・ハァ・・クリス?」
「ん~?」
「ありがと、俺をホールから出してくれて。」
「ん~、バレたか。まあいいってことさ。トビー、それよりも明日はお前の誕生日だってこと覚えているか?」
「え?・・・忘れてた。」
「やっぱりな。まあ、ホールにいるとボケるからしかたないな。それはそうと。トビー、明日はお前も俺と倉庫で仕事だぜ。」
「は?な、何?!どういうことだそれは?!」
「マクマナスと交渉したんだ。一日限りだけどな。」
「・・・クリス、お前・・」
「いい計画だろ?トビー、邪魔する奴はいないし、倉庫での仕事が早く終われば・・・後は仕事時間が終わるまでお楽しみに使っていいってことになっている。だが、仕事なんてさぼってもいい。」
「クリス!!」
「ん?何だよ?トビー、不満があるのか?」
「不満?ハハッ、ないさ。クリス、お祝いのシャンパンもそこに用意してあるならね」
「ん~?、トビー、アルコールは止めたんじゃねえのか?」
「俺の誕生日なんだ。ちょっとぐらい・・・ダメか?」
「トビー、トビーベイビィ! お前のそのベイビーブルーの目で見つめられてNOなんて言えるかよ。わかった。オライリーに特急で用意させるよ、シャンパン風味のソフトドリンクをな。(ニッ)」
「(笑)、Thanks, クリス 愛してるよ」
「ああ、もちろん 俺もさ トビー」
~~~~~~~~~
(キス中)
(まだキス中・・)
(まだまだキス中・・・)
~~~~~~~~~
「ッハア・・・クリス、まだ・・・」
「ああ、続けたいのは山々なんだがな。看守がこっちに来やがるんだ」

(ガラスを警棒で叩く音)
「おい、貴様ら!離れろ!」

(3分後)
「・・・まったくやっと行きやがった。しつこい看守だ。欲求不満なんだぜ。きっと何ヶ月もご無沙汰だ」
「・・・そうゆうことって分かるものなのか、クリス?」
「ああ、だいたいな。目を見れば分かる。」
「へえ、すごいな」
「ハハッ、トビー、分かることは他にもあるぜ?」
「どんなこと?」
「何をしてほしいとか、どうしてほしいとかな。」
「・・・本当かそれは?疑わしいな。お前はベッドで俺が何を言っても、しても、無視してることの方が多い気がするが? 俺は絶対に目でも訴えたと思うぞ!」
「おいおい、その言い方じゃあ、まるで俺がレイプしているみたいじゃねえか。トビー?(ギロリ)」
「うっ・・そうだな、悪い。言い方を変えるよ。じゃあ、ケラー、俺がNOと言っても聞かないことが多い件についてはどうなってるんだ?」
「ああ・・・それはな。ビーチャー、お前ら弁護士の”相手の要求にはNOで始める”悪癖が残ってるせいだぜ。
駆け引きのNOは、NOであってNOじゃねえ。そうだろ?
それとな、お前の場合、頭でごちゃごちゃ考えすぎるから自分の欲求が自分で分からねえ困った奴だ。
だから俺は体に聞くんだよ。そうすりゃあ、たいていお前の体の方は素直にYesって俺に同意してくれる。最終的にはお前も”Yes,Yes,Chris more!”とか口に出して言ってる。ノープログレムだろ?(ニヤリ)」
「!!!クリス!!」
「おい、怒るのは筋違いだろ、トビー?!本当のことなんだから俺は悪くはないぜ?」
「黙れ、ケラー!!」
「おいおい、女みたいなヒステリーは止せよな」
「!! ケラー、お前なんか、大嫌いだ!」
「おっと。おいおい、枕を投げるな、後で自分で拾えよ。
おい!それはっ!!
ビーチ!俺のヌード雑誌に手を出すな!そいつはまだ新しいやつなんだっ 投げるな!止めろ!」

(ごたごたと取っ組み合って喧嘩中)

~~~~~~~~~~~~~
*エムシティのとあるポッド*

「おいおい、見ろよ。ビーチャーとケラーの奴またポッドの中で喧嘩してるぜ?」
「もうか?ビーチャーは今日ホールから戻ってきたばかりだろ?どれどれ、あちゃー、さっきまでイチャイチャしてたってのに。あいかわらずのお騒がせカップルだな。看守は止めに入らねえのか?」
「ああ、むしろ楽しんで見物してるみたいだぜ。まったく悪趣味な奴らだ。」
「まあ、”夫婦喧嘩は犬も食わぬ”というからな。あいつらの場合、喧嘩の10中8,9はセックスの前戯だからな。放っておいても仲直りするんだし、関わらないほうがいいというのは賢明な判断だぜ。」
「おっ。ケラーがビーチャーをベッドに押し倒したぜ。これからが本番だな」
「ふん、お前、このままずっと覗き見する気か?」
「消灯まで暇だしな、フリーのショウだし見なきゃ損だろ。見ろ、他の奴らだって見てるぜ」
「やれやれ、俺は読書することにする。毎日奴らなんて見てれば飽きるだろうが。」
「そうでもないぜ。おっ、今日はケラーの奴、攻め方が激しいじゃねえか。こいつは面白くなりそうだぜっ♪」

*end*
スポンサーサイト



| OZの妄想小話(SS) | 19:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちわ☆

ニヤニヤが止まりません( ´艸`)

喧嘩が前戯っていうのは、周知のことなんですね~平和だぁ♪

ラブラブな二人も素敵ですが、ケラーとライアンの会話も楽しい!!

マクマナスを「ハゲ」って言った後のライアンの「……」が気になります( ´,_ゝ`)プッ

楽しいお話ありがとうございます☆

| gobyuu | 2010/08/07 03:31 | URL |

ウェルカムです gobyuuさん(^▽^)

話を楽しんでもらえて嬉しいです♪

> 喧嘩が前戯っていうのは、周知のことなんですね~平和だぁ♪
ええ、私の脳内のOZはかなり平和で治安がいいです。まさにマクマナスの理想郷状態です(笑)

> マクマナスを「ハゲ」って言った後のライアンの「……」が気になります
たぶん、gobyuuさんが思っているのと同じことをライアンも思っているはずです(笑)

いつもコメントをどうもありがとうございます!(^▽^)/

| はちだんご | 2010/08/07 11:46 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT