FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

刑務所ドラマ「OZ」 B/Kのストーリーライン (3)

刑務所ドラマ「OZ/オズ」


はい、今回で三回目のB/K(ビーチャー/ケラー)のストーリーラインの話です。

初めてこの記事を見ても、まったく分からないと思います。
知らない方は、カテゴリ oz B/K の最初の記事をまずお読みください。

ああ、ようやくケラーがこの話で登場します。
ですが、B/Kの話は、ラブラブほのぼのなんて程遠い話です。
なにしろ場所は、刑務所の中。しかも危険な重罪犯罪者だらけの「OZ」ですからね。

ちょっと囚人のヒルのセリフを借ります。
ヒルはこのドラマのナレーターで、ドラマの話の最初にいつもコメントをするんです。

229
 この方がヒルさんです。


第12話「恋心」より
もっとも優れた物語、それは聖書だって言う奴らがいるけどちがうな。
一番おもしろいのは恋愛ものだよ。失恋したり、想いが通じたり、そうさ。女との出会い。
成熟し、初めて男としての情熱がほとばしる瞬間だ。
もちろん対象が女じゃない奴もいる。
男女が出会い、セックスをする。なにがそうさせるんだろう?
相手の目の色か?足の形か?ハイヒールのかかとか?それとも詩にあるように心に潜 んでいる共通の喪失感か?あるいは悲しみを分かち合える相手を求める心か?
ある者はそんな誰かを見つけるために人生をついやす。またある者は偽りの愛に身を 投じる。
そしてオズでは、たいていの場合、妄想の方が現実よりマシだ。

あんたは言うだろう。男と女のストーリーなんてちっとも面白くないって、どれも同じだって。
だが、これにもバリエーションがある。
例えば、少年と犬だ。出会った犬が死んで次の犬を飼うまでとか
女と精神科医、っで、女が十年セラピーに通いつめるとか・・・。
だが、オズではいつも、出会うのは・・・・男だ。



最後に私から一言 Prison love is sooo HOT! (笑)

では、さっそく話します。


1998年 8月 オズに新たな囚人が来ました。
(ちなみにビーチャーがオズに来たのは1997年 7月~8月の頃です。
ちょうど1年前ですね。)

その囚人の名は、クルストファー・ケラー。囚人番号 98K514
(ビーチャーの囚人番号は、97B412 )

ケラー1
これが強盗シーン。バイクのヘルメットをかぶってるのがケラー。


殺人と殺人未遂、強盗、バイクの飲酒運転と無謀運転により
懲役88年、仮釈放50年。

まあ! 懲役88年、仮釈放50年!! 日本じゃありえませんよね~!
とんでもない刑期をかけられた凶悪犯です。

この人が、ビーチャーさんの新しいポッドメイトになります。

どんな外見かといいますと、短髪黒髪、ディープブルー・アイの白人。
そして、まるでギリシャかローマの彫刻像かと言うくらい立派な体をしてます。

そう、ボディービルダーみたいな不自然な筋肉じゃないです。
ジャングルの猛獣、ジャガーのようにしなやかで実戦的な体つきです。
(何度も言い直してますが、それだけ私はケラーのゴージャスなボディーに惚れてるんです(笑))

そして悪の世界で生きてきた百戦錬磨の男です。
この恐ろしい刑務所オズに来たときも、まったく余裕な様子です。

ほんと余裕で、あくびなんてしながら、ビーチャーが向かえに来るのを待っていました。
(オズでは、新人囚人の案内役には、囚人がなるのです。)
ちなみに、ケラーは逮捕された時の事故(バイクから転倒した)で右腕を骨折していて、この時ギブスをはめています。


ビーチャーさんは、はっきり言ってケラーのことなんて最初はどうでもいいって感じでした。
(ケラーがオズに着いたのが朝早くで、ビーチャーさんは寝起きで不機嫌だったのかもしれませんが)
人間不信です。引きこもってます。俺に関わるな~なんてオーラを出しまくってます。


でも、ケラーは全然気にしません。
ビーチャーの案内でポッドに着くとさっそく、気軽に爆弾発言をします(笑)

なんて言ったかといいますと、
「お前は、ゲイか?」です。 

普通、刑務所のポッドメイトにいきなり聞くことなのかな?
う~ん、ビーチャーさんが、もし熊みたいな大男なら聞いておくのも参考になるかもですが・・・。

ケラーに警戒中のビーチャーさん、意外すぎる質問にびっくりします。

「いいや。 あんたはどうなんだ?」 とすかさずビーチャーは聞き返します。
「必要があれば、そうなるな。」とケラーは意味深な答えを返します。

意味深というか・・・後で考えると、俺はバイ宣言ですね(笑)

さて、このケラーの発言にビーチャーさん、何か危険を察知したみたいで、
すぐにクレイジーな事をケラーに言ってこの場を立ち去ります。


ケラーの言動は、この時はまだその意図はまったくです。




さてあの後、ビーチャーさんがオズの公衆電話で家族に電話中の時、ケラーはアーリアンの一人に絡まれます。
そして、乱闘みたいになります。ビーチャーはすぐにケラーの元に駆けつけ加勢します。

そこで、ケラーはビーチャーに「借りが出来た。恩に着る」と礼をいいます。
でも、ビーチャーさんは素直じゃないです。
「別にあんたを助けたんじゃない。俺はあいつらが大嫌いなんだ」って言います。

まあ、そうでしょうね。アーリアンとは因縁がありますからね。
ビーチャーさんの天敵です。

覚えていますよね? アーリアンの大ボスはシリンガーです。

復習しましょう。
ビーチャーは、彼のプラグでした。
ビーチャーは、シリンガーの一方的で強引な可愛がりに
耐え切れなくなって、主人の手を噛むことで自由になったのです。

そして、シリンガーは、そのことでビーチャーにうらみがあるのです(自業自得ですが、本人はそう思っていません。)
だから、シリンガーはビーチャーに復讐する機会を狙っています。

はい、これで今のビーチャーさんの状況を思い出しましたね(笑)。
二人は完全に冷戦状態にあるのです。


さて、ビーチャーは、シリンガーがとても憎いのですが、外で待っている家族のためにオズで生き残りたいと考えているので、このころは自分から何かを仕掛けようという気はありませんでした。

ああ、ビーチャーさん。確かに大人しくしていたら、仮釈放まではあと3年です。
賢く生きるなら、復讐よりは模範囚人として点数を稼ぐほうが重要ですね。


ですが、そんなことシリンガーが許すはずがありません。
シリンガーの恐ろしい計画が、ビーチャーさんの知らぬ間にも着々と進行していました。




(今回は、話が短くてごめんなさい。記憶があやふやなところがあったので、確認するために
ここで、いったん切ります。続きは次回です~。)
スポンサーサイト



| oz B/K (OZのストーリー萌語り) | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちはー。
> 出会うのは・・・・男だ
このナレーションよく憶えてますよー(^O^)。
ようやく彼らが出あう回ですね。
そうそう、OZの冒頭ってイイですよねー。

ケラーは、入所のときから落ち着き払っててカッコ良かったですね。

| jumpi | 2009/10/20 17:19 | URL | ≫ EDIT

ウェルカム!! jumpiさん \(^▽^)/

> > 出会うのは・・・・男だ
> このナレーションよく憶えてますよー
印象深いセリフですものね(^▽^)
何度聞いてもニヤケてきます(笑)

> ようやく彼らが出あう回ですね。
B/Kのストーリーと言いながら、出会うまでがほんとに長かったです(笑)

>OZの冒頭ってイイですよねー。
本当にそうですよね!!(^▽^)
ヒルのセリフは、どれも意味深でかっこいいです。それに面白いのもありますしね。
全部紹介したいぐらいですが、多すぎますね(笑)

> ケラーは、入所のときから落ち着き払っててカッコ良かったですね。
ええ、そうですよね!(≧▽≦)
もう、ビーチャーさんでなくても、傍にいつもいたら惚れます!(笑)

気合入れて次の回も書いている途中ですが、B/Kの話は両思いになるのに
これまた時間がかかるので大変です~ハッピー・ミレニアムが遠いです(汗)

では、jumpiさん コメントありがとうございました(=^▽^=)ノ

| はちだんご | 2009/10/20 17:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://0948779.blog18.fc2.com/tb.php/17-b5586f79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT