FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

刑務所ドラマ「OZ」 B/Kのストーリーライン(2)

はい、今日は前に書いたB/Kのストーリーラインの続きです。

いきなり読んでも分からないので、前の記事を読んでない方は、まずそちらを先に読んでください。
ちなみに前の記事のリンクはこちらです。

さて、今回の話もビーチャーしか登場しないので、私はちょっと物足りないです。

だから、文章で遊ぶことにします。前回も一度注意しましたが、私の話は正確ではありません。
わりと記憶にもとづいています。正しいB/Kのストーリーは、公式サイト等で読んでくださいませ。

あ、オズを知らない方へオズは過激な描写の多い刑務所ドラマです。
未成年の方、バイオレンスが苦手な方、ドラマを見るのはよしたほうがいいです。

最後に、腐女子的視点、同性愛が苦手な方は、この記事を見ないようにお願いします。

では、長々と書いてすみません。さっそく続きを話します。


朝食を一人で食べているビーチャーに、近づく一人の男のところからはじまり、はじまり。


その男は近づいてくるとビーチャーの座るテーブルに食膳を置いて、ビーチャーの対面に座りました。ビーチャーは、ちらっと見ますが無視します。

その男は、ビーチャーと同じく白人でした。でも、外見はビーチャーより年上で、体も鍛えていて堂々とした雰囲気です。

その男は親しげな笑顔をビーチャーに向けて話しかけてきました。ビーチャーは興味がないというように適当な態度とっていましたが、その男の話にはっとして注意を向けます。

なぜなら、その男は、なんとビーチャーの苦境に同情して、アドバイスをしてくれたからです。今まで、一人ぼっちでオズになじめなかったビーチャーは、このアドバイスにとても喜びました。

ビーチャーは嬉しくて、すぐにそのアドバイスを実行します。その男の話しぶりがとても頼もしい感じだったのもあります。そのアドバイスとは今いるポッドを移動して、その男のポッドに移れば、白人同士助け合えるというものでした。
(刑務所のシステム運営管理者、マクマナスに頼めば、ポッドの移動を許してもらえます。でも、常にそうではないです。ビーチャーさんは、模範囚人なのでお願いを聞いてもらえました。)

仲間、ビーチャーがとっても欲しかったものです。
ちなみにこの男は、バーン・シリンガーと名乗りました。

ああ、ビーチャーさんに救世主が登場! これで、オズでも安心して生きていけるように思えました。

しかし、そんなにオズの中は甘くないです。むしろ、一難さってまた一難です。


さて、ビーチャーはこの時まだ、シリンガーの正体を全然知りませんでした。

ここで、みなさん、覚えていますか? オズには大きなグループが3つあるって話です。
白人至上主義者(アーリアン)はその一つでしたね。

シリンガーの正体、それは・・・なんと、このアーリアンの大ボスです!!
ちょっと、いきなりリーダー格の奴ですよ!首領です!

なんて頼もしい!!!

・・・そう思いますよね?

でも、違います。シリンガーが近づいてきた目的は、ビーチャーを自分のプラグにすることでした。
あれ? ビーチャーは白人なんだから、大丈夫なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ここは刑務所です。弱肉強食です。アーリアンは白人至上主義ですから、プラグも当然に白人を選ぶわけです。

ああ、ビーチャーさん!選りにもよって、なんて人に目をつけられたんでしょうか!
不運です。無常です。

無垢な羊がうっかり悪いオオカミに騙されて、オオカミの巣につれこまれるって感じですね~。

でも、むさ苦しい男ばかりの刑務所に、上品なブロンドの華奢な男がいれば、目立ちますよね。まあ、シリンガーじゃなくても、いずれ誰かに狙われるでしょうが。
しかし・・・それにしたってシリンガーとは不運です。

シリンガーは、ポッドに移ってきたビーチャーにさっそく本性を出します。
シリンガーの本性は、超~サディストです。俺様です。逆らったら力でねじ伏せてきます。

ビーチャーは自分の軽率な判断に後悔しますが、もうどうすることもできません。

ここから、ビーチャーにとって過酷で悲惨なプラグ生活の始まりです。
書くのも長くてしんどいです。でも、しかたない。頑張ります。



まず、シリンガーのポッドに来たはじめての夜。
ちなみに、エム・シティのポッドの壁はガラス張りです。中はほぼ丸見えです。看守も見回りしているんです。でも、見て見ぬふりとか頻繁にしてそうです。
2

これがポッドの中。ベットは二段式になっています。ビーチャーさんは下を使うように命令されます。

ガード
こうやって看守たちは夜も見張ってるはずなのですが・・・・



さてその夜、ビーチャーは・・・・・






なんと、シリンガーにタトゥ(刺青というより焼印)を お尻の右側に入れられてしまいます!!!

そのタトゥの形は、卍。ナチスと一緒です。アーリアンはネオナチとも言われているのでそのシンボルです。
おしり

うあああああ、これは衝撃です。お尻にタトゥって。

腕でもなく、胸でもなく、足でもなく・・・・お尻。
俺の所有物の印をここに入れるって・・・・タトゥを入れるって。

普段は見えないけど、シャワーの時にはみんなに見える。
俺の物だから手を出すなの警告ですね・・・・。
(ちなみに、オズのシャワー・ルームは共同です。みんなそこでシャワーをするんです。
よく、レイプとか殺人とかそこで起こります。そこもガラス張りで外から丸見えなんですが、
看守は、ほんと肝心な時には見ていません。まあ、そういう時を狙って事件は起こりますが。)

ちょっと、似た話どこかで私、読みましたよ・・・。
たしか「黒羽と鵙目」っていう極道系BL小説シリーズでしたね・・・。

う~ん、私には、ハードすぎて萌えれませんよ。

シリンガーさん、初めからやることがすごすぎます!!


さて、こうして始まったプラグ生活。
どんな感じかといいますと、シリンガーはビーチャーにプラグとして、自分の服の洗濯とか食事の配膳とか命令してさせるし、夜にはおやすみの挨拶(頬にキス)をさせるし、シャワーにも一緒について来いって言うし、当然、夜の相手になるように要求もするし、赤色のリップをプレゼントしてそれを使わせるし、無理やり女装させてオズのイベントで歌を歌わせるし、もうやりたい放題にビーチャーを弄ぶわけです。

まあ、シリンガーのやってることをこうやって書くとなんだか、ビーチャーを可愛いがっているようにも思えるかもですが・・・・。ビーチャー自身はまったく嬉しくないのです。

余談ですが、シリンガーが使うビーチャーの呼び名がけっこう面白いです。
「スイートピー」「ビッチ」「ビーチボール」などバラエティが豊富(笑)可愛がっているのでしょうね彼なりに。あと、セクハラ的発言とかスキンシップも多いです。

でも、私、見ていて萌えれないです。ハードすぎるし、B/Kファンなので(笑)

もし、ビーチャーがドMなら、シリンガーのこの扱いでも、楽しめるってものかもしれませんが、ビーチャーさんは、いたってノーマルな人なのです。辛すぎます。

しかし、それにしても、バックバージンをこんなサディストに奪われるなんて・・・トラウマによくならなかったものです。
でもこの後、ケラーに惚れるんですから、意外と、もしかして良かったのかもしれませんね。
ただ、シリンガーが憎いので、認められないってことで。そんなスラッシュがありました(笑)


さてこんな状況なので、ビーチャーさん、精神的にストレスがたまって鬱になっていきます。

そこに、また一人男が登場します。
その男は、ライアン・オライリー。
オズの影で一番頭が切れる策士であり、イケメンのアイリッシュ系の男です。

になみに、アイリッシュ系も白人ですが、歴史的、文化的に独特で自分たちだけで群れたがるのでアーリアンとは別にクループを作っています。アーリアンとはむしろ仲は悪いです。

さて、ライアンが、最初ビーチャーに近づいたのは、ライアンの仲間の裁判について弁護士であったビーチャーの知恵を借りたいからでした。でも、その件は、シリンガーが気づいて怒って邪魔してしまいます。

シリンガーの嫉妬・・・・、いえ、単にアーリアンとアイリッシュ系は仲が悪いからです。たぶん。

さて、ライアンはその後も、なぜかビーチャーにはわりと親切で、たびたび鬱になっているビーチャーに無料で、商売品のヤク(麻薬)を元気付けのためにくれたりします。
(ちなみに、ライアンは、オズの中でヤクの売人をやっていて、そのせいかオズの噂にかなり通じています。とっても商売っ気がさかんな人です。)

ここで、ライアン×ビーチャーなファンは出来たかと思います。
実際、私もこのころの二人は見ていると仲がいいので萌えてきます(笑)
ライアンは弟にもすごく優しいです。
弟がオズに来た時は、体をはって弟を周りの囚人から守ります。(まあ、償いの意味もあるのですが)

他の人には残酷ですが、弱い者にけっこう優しいんです。
か弱いビーチャーさんを見ていて、ほっとけなかったんです(笑)
ライアン・・・・いい男ですよ~。まあ、でもやっぱり問題児ですが(笑)

さて、ビーチャーはヤクをやっていることが、シリンガーにばれて、止めるように怒られるんですが、まったく聞きません。ビーチャーさんは基本的には、とても頑固なタイプなんです。

ヤクをやってる間、オズの現実から逃避できるのがビーチャーにとっては救いだったのです。

ですが、シリンガーはそんなビーチャーの反抗が許せません。あのアイリッシュとつるむのも許せません(笑)
ある日、ビーチャーにTシャツを渡して着るように命令しました。でも、そのTシャツには、南部軍のシンボルが印刷されていました。これは、黒人にたいしてケンカをうる意味のあるマークです。

そんなの着てオズを歩いたら、黒人グループに殺されてもおかしくありません。
それが、シリンガーからのお仕置きでした。さすがサディストです。
俺の傍にいなきゃ危ないっていう状況をわざわざ作るんですね。
シリンガーのビーチャーへの愛(というか独占欲?所有意識?)はゆがみまくっています(笑)
まあ、その隠れた(?)メッセージにビーチャーは全く気づきません。
誰も気づかないって? はい、腐な妄想です(笑)

さて、もちろん、その命令には逆らえないビーチャーは、しかたなくそれを着ましたが、できるだけ身を隠そうとしておろおろします。

そこにやってきた、ライアンはビーチャーがいつにもましてブルーになっているので、元気をだせとばかりに、いつもより効力の強いヤクをビーチャーに渡します。

この薬が、あんまり強力だったためか、とうとうビーチャーの中のあるスイッチが入ってしまいました。

“クレイジー”ビーチャーの覚醒です!!

ええ、ついにぶちキレたんです(笑) そりゃあ、これだけ虐められたら、ウサギだって噛みますよね。

ビーチャーは、近くのパイプ椅子をつかむとそれを振りかぶって、シリンガーのいるポッドにむかって突進します。そしてガラス張りのポッドの壁にその椅子を振り下ろしました。

ガッシャーンとガラスが粉々にくだけ、その破片でシリンガーは左目を深く怪我します。
ビーチャーはさらに暴れようとしますが、看守たちに捕まえられて懲罰房(ホール)に入れられてしまします。

ちなみに、このホールには、素っ裸で入れられます。しかも、なかにはベッドはありません。窓もない暗い部屋で、冷たいコンクリートの床に寝るしかないのです。
ホール
これがホール。

ああ、ビーチャーさん、気の毒です。こんなホールに何日も入れなれるなんて!!
普通の人は発狂しますよ。

さて案の定、数日間のホール監禁でさらにクレイジーに磨きがかかったビーチャーは、ホールからでても、即、シリンガーにむかっていきます。囚人用の運動施設(ジム)で、シリンガーをダンベルで殴りつけて気絶させ、またホールに逆戻りです。

こうして、シリンガーとビーチャーは対立をするようになるのです。この因縁の関係はこのあともいろいろ話があるのですが(報復合戦の話)、いいかげん、ケラーの話がしたいので、そのあたりの話はスキップします。

さて、ビーチャーは、クレイジーであることが、シリンガーとの対立の中でオズの囚人達に知れ渡り、シリンガーをやり込めたこともあるだけに一目置かれるようになります。

そして、ビーチャーは自分のひ弱な体を鍛え、髭をはやして自分を守ろうとします。

ん~、髭のビーチャーさん。私は髭はいけるくちですが、この時のビーチャーさんの髭は、周りの囚人が体を狙ってくるのを防ぐためってことで、プリティな顔を隠す意味とクレイジーな雰囲気作りのためにしてるので、変な髭なんです(笑)。
ドラマで見るといや~ってなります(笑)でも、余談ですが、ビーチャーさんは本来は髭が似合うタイプですよ。

さて、話を戻します。
ビーチャーは、もう、誰にも油断はしないと心に固く誓って、日ごろクレイジーな言動をします。
ビーチャーさんは、ハーバード卒の頭のいい人ですから、そうやって他の囚人を欺くのです。
ああ、気の毒なビーチャーさん! こんなに人間不信になってしまうなんて。

そしてシリンガーとは、距離をおき、ある種の平穏な日々をすごしていました。

そんな時、新たな男がオズにきます。お待たせしました!!! ケラーです。
ああ、いいところなのですが、この先はまた次回です~。
スポンサーサイト



| oz B/K (OZのストーリー萌語り) | 12:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いやいや、はちだんごさんの解説が面白すぎます!
実写でこれを見ると辛いのかもしれないですけど
シリンガーのサドな苛めも何だか微笑ましく思えてしまうのは
はちだんごさんの描き方ですねvv
ちなみにほんとにBLでもスラッシュでもゲイビでもゲイ映画でもなく
「普通の」ドラマなんですよね?
ドラマを見るよりはちだんごさんの解説の方が面白そうなのでww
是非このままお願いします☆

| あけぼの | 2009/10/16 12:06 | URL |

ウェルカム(^▽^)/ あけぼのさん!

> はちだんごさんの解説が面白すぎます!
いや~照れます(>ω<)ゞ
でも、そう言っていただけて嬉しいです!どうもありがとうございます! (=^▽^=)

> 実写でこれを見ると辛いのかもしれないですけど
ええ、ドラマで見るとビーチャーさんが痛々しいです~。
子犬が虐められてるみたいです(/_<。)

> シリンガーのサドな苛めも何だか微笑ましく思えてしまう
私も書きながらそう思いましたよ(笑)
小説でならこのレベルは、BLの世界では愛のうちにはいりますものね(笑)

>はちだんごさんの描き方ですねvv
ええ、あまりシリアスに書けないタイプなのでこんな感じになったんです(笑)

> ちなみにほんとにBLでもスラッシュでもゲイビでもゲイ映画でもなく
私も最初は、この内容は、もう完璧にBL小説の実写版でしょうと思いましたよ(笑)

> 「普通の」ドラマなんですよね?
神に誓って「OZ」は、「普通の」ドラマです!っと言いたいですが、
ドラマの内容が過激で、タブーだらけなのでその意味では「普通」とはいえませんね~(笑)
でも、ビーチャーの話は、このドラマの中の数あるストーリーの一つでしかありません。
「普通の」ドラマ・・・・のカテゴリーにはギリギリはいると思います。(笑)
「OZ」のドラマは内容が濃いので、見方はいろいろです。


> ドラマを見るよりはちだんごさんの解説の方が面白そうなのでww
> 是非このままお願いします☆
そう言っていただけて嬉しいです(*^^*)
ああ、でも、B/Kの話はこんなものじゃないのです。
シリンガー以上に話が込み入ってるし、何より話がとても長いのです。
書き始めていながら、途方もないものに手を出したかと後悔しかけております(笑)
全部書ききれるか・・・・みなさんの応援によりますね(笑)

では、あけぼのさん、コメントどうもありがとうございました(=^▽^=)ノ

| はちだんご | 2009/10/16 21:41 | URL |

こんにちはー。
> シリンガーの本性は、超~サディスト
シリンガー、サディストでしたねー。ところでこの人の髪って白髪なのかな。それとも銀髪なんですかね。
> お尻にタトゥ
この後、奥さんと面会したビーチャーは尻の鍵十字を見られて夫婦の危機に陥ってましたね。
> 女装
ビーチャー、女装似合いませんでしたねー。(><)
女装したらいがいと似合っちゃったなんていうBL漫画は、やっぱり偽りですね。
でも歌は良かった。シリンガーも聴き入ってたような?
> ライアンはビーチャーにはわりと親切
そっかー、方法はともかく、あれはライアンなりの優しさだったんだね・・・ナルホド!
> シリンガーをダンベルで殴りつけて気絶させ
これは、強烈でしたねー。排○物顔に塗りつけてましたものね。さすがHBOです。(?)
> 変な髭
そう、若干むさ苦しかったでした。
この頃かなりイカレちゃってましたね。
そういえば、爪で人を殺めたのっていつ頃でしたかしら。

| jumpi | 2009/10/16 22:46 | URL | ≫ EDIT

ウェルカム jumpi さん(^0^)/

>この人の髪って白髪なのかな。それとも銀髪なんですかね。
プラチナ・ブロンドだったかと思います。
あれだけ薄いと判断しがたいのですが(笑)

> この後、奥さんと面会したビーチャーは尻の鍵十字を見られて夫婦の危機に陥ってましたね。
jumpi さん、本当によく覚えてらっしゃいますね~!
ええ、気の毒な奥さんです。これがもしかすると自殺の原因の1つになったかもしれないですね。

> 女装したらいがいと似合っちゃったなんていうBL漫画は、やっぱり偽りですね。
現実はたいていそうですよね(笑)
よっぽど、若い時か、もしくは、もともと中性的な外見の人でないと似合わないですよね~。

> でも歌は良かった。シリンガーも聴き入ってたような?
そうですね!歌は上手でした。シリンガーもきっとご満悦ですよ。
プラグ自慢とか後でしてるかもです(笑)

> そっかー、方法はともかく、あれはライアンなりの優しさだったんだね・・・ナルホド!
アハハ、腐の妄想視点で見るとこうなりますよ(笑)
私は、ライアンは好きなのでいろいろと好意的に評価します(笑)

> これは、強烈でしたねー。さすがHBOです。
ええ本当にそうですよね~。こんなシーンがあるからマイナーから出られないのです(笑) 

> そういえば、爪で人を殺めたのっていつ頃でしたかしら。
ビーチャーが退院した後ですよ。あの計画に協力したネオナチの看守が犠牲者です。

jumpiさん、いろいろと詳しいコメントありがとうございます!(=^▽^=)ノ
やはり、オズを見た人には、この記事は突っ込みどころ満載ですよね(笑)
こんな感じで続きますが、明らかなストーリー展開上の勘違いがあったら教えてくださいませ。

| はちだんご | 2009/10/17 00:57 | URL |

はじめまして!

来ちゃいました!OZファンとOZを知らない人のために役立つ情報満載ですね☆
実際に刑務所ではビーチャーとシリンガーみたいな関係が本当にあるらしいですね……
ちなみにgobyuuはミゲムカプッシュです☆
次回記事楽しみにしてますね♪

| gobyuu | 2009/10/17 23:17 | URL |

ウェルカム! gobyuuさん(o^∇^o)ノ

> 来ちゃいました!
ありがとうございます!OZファンの方は大歓迎です(=^▽^=)

>OZファンとOZを知らない人のために役立つ情報満載ですね☆
もうOZにはまりすぎて、一人だけで楽しむのもつまらないのでこんなブログつくっちゃったんです(笑)
みんなにOZを楽しんでもらいたいです。

> 実際に刑務所ではビーチャーとシリンガーみたいな関係が本当にあるらしいですね……
みたいですよね~リアルは怖いです。
BL小説の中だけですよね~楽しいのは(笑)
> ちなみにgobyuuはミゲムカプッシュです☆
おお!いいですよね(*^▽^*)
ミゲルも人気ですよね!ムカダ神父も素敵です!
gobyuuさんもミゲムカでストーリーを書いてみてはどうです?
私は読んでみたいですね(*^▽^*)
> 次回記事楽しみにしてますね♪
そう言っていただいて嬉しいです(^^)
OZを知っている方には、かなり偏った話ぶりで恥ずかしいのですが、
突っ込みはいつでも受け付けますよ(笑)

では、gobyuuさん、コメントありがとうございました!(^∇^)ノ

| はちだんご | 2009/10/18 08:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://0948779.blog18.fc2.com/tb.php/13-ae167f77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT