FC2ブログ

ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

久しぶりに更新

みなさん、お久しぶりです!
ずいぶん更新の間が空きましたが、私は変わらず元気です。

なんとなくの春の憂鬱さでブログを書く気分になれなかったのですが、たぶん花粉の影響かなあ。
萌えセンサーも鈍りまくりで、何を見てもブログに書くほどのトキメキにはならないという状態。

オリジナル・スラッシュ小説もここしばらく読んでいる分では、まあまあ面白いというのはあっても完ぺきにストライクというのはないのでブログで感想を書く気にまでは至らないし(もともと私の好きな人狼ジャンルは、ネタとしては特色あって面白いけど、プロット含めて質はあまりよろしくないからね…苦笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
比較的に良かったものを上げるなら、Kendall McKenna の「Strength of the Pack」

軍人&人狼もの。
経験不足の年若い上官(主人公)×経験豊富の部下(人狼)リバあり(後半は人狼攻めが多いかな)
海兵隊の戦場でのキャンプ生活が詳細なのが魅力的。キャラはどちらも男らしくて強気なのが良いし、普通の人狼ものよりは内容があって面白いのですが、人狼の方が最初は受けになるのが個人的に非常に残念。
~~~~~~~~~~~~~~

あと、海外ドラマは最近まったく見てないからファンフィクに食指が余計に動かない…。
私の好きなハワイファイブオーとかシャーロックとかの新シーズンの情報が流れてきているのは知っているのに、気持ちがいまいち盛り上がらないし…ああ、早く花粉の季節が去ってほしいものです!!(><)

それはそうと、ずいぶん紹介が遅くなりましたが、私のお友達ブログ「Slash×Slash」の管理人さんが海外オリジナルスラッシュの日本語翻訳をされまして、その本がアマゾンなどで販売中です!

翻訳されたのは、海外スラッシュ作家の中でも有名で人気の高いJosh LanyonとL.B.Greggの作品です。
英語の原作で私が読んだことがあるのは、Josh Lanyonの「Fair Game」の方だけ。
この本の感想はブログではまだ書いてないですが、キャラも話のまとまりもいいし原作は私のお気に入りです。
原作の印象はロマンスとしては薄味だった気がしますが、翻訳で読むとどうかしら?
海外ゲイ小説は読みたいけど、耽美系の美少年ものとか悲恋ものは嫌という方で、ミステリー好きの腐女子なら読んでみると良いかも。
Josh Lanyonは、ロマンス以外の部分もしっかりかける実力ある作家なので他の作品も翻訳されると良いなあ。

英語版⇒翻訳版

翻訳されたもう一冊のL.B.Greggの本の方は、私は原作未読ですが、人気のある作品です。
内容はあらすじしか知りませんが、翻訳版の表紙を”えすとえむ”さんが描かれているのにビックリ!
えすとえむさんのBL漫画は絵もリアル風だし、内容も海外スラッシュ小説の雰囲気に似ているので気に入って何冊か持ってるんですが、スラッシュ小説と表紙でコラボレーションするなんて素敵v
ああ、もしできるなら、ハーレクイン小説の漫画化みたいにスラッシュ小説をえすとえむさんの絵で漫画化してくれないかな~。



スポンサーサイト



| BL、やおい、同性愛 | 00:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |