ハチミツ

やおい好きの腐女子のブログ。今は、海外の刑務所ドラマ「OZ/オズ」の囚人カップルに萌えてファンサイトになっています!仲間募集中!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海外オリジナル・スラッシュの感想~⑪~

久しぶりに海外オリジナル・スラッシュ小説の感想を書こうと思います。
ちなみに、ここで言うオリジナル・スラッシュというのは、海外版オリジナルBL小説のことです。

さて、今回紹介するのは、無料のオリジナル・スラッシュです。
それは過去にブログで紹介した名作「Like a Sparrow Through the Heart」の作家Aggy Birdさんの別の作品シリーズです!

ほんと今さら過ぎると言ってもいいのですが、作品の設定にそそられないという理由で食わず嫌いで読んでいなかったAggy Birdさんのその別シリーズの作品をつい先週、気まぐれに読みだしてから予想外にドハマりして夜中の2時まで毎日読むほど読み続け、とうとう最後まで読み終わり、その作品の萌えを発散したくてしかたないので今回感想を書くことにしました!!

やっぱり読まず嫌いは損というか、やっぱりAggy Birdさんの作品は最高に良い!!!(>▽<)
私の場合、いくらお気に入りの作家でも普通は設定やキャラが自分の好みじゃないと、試読みしてもその作品に興味がわかないのですが、Aggy Birdさんのこの作品はほんと萌えました。もうこの作家に関しては設定関係なくすべての作品を読もうと決心!!

最近は海外オリジナル・スラッシュの有名作家の作品が日本で翻訳されて販売されてきていますが、私が出版社ならきっとAggy Birdさんを口説き落として翻訳本を出版しますね!
長編だとキャラの心模様の変化や話の展開にユーモアがあるし、キャラの生活ぶりが詳細で面白いし、キャラ同士の誤解による葛藤もあるしで本当に面白い!!
エロは大抵薄味じだけど話が本当に面白いから全く気にならない!(ここ重要。私は大抵エロ目的で読むから 笑)

ただ、Aggy Birdさんの書く話では、モンスターとか獣人とかの人外キャラ同士の恋愛模様をテーマにする点が特異なのでその点でとっつきにくいでしょうが、日本のBL漫画ジャンルではそう珍しい設定でもないし、小説でもきっと表紙の絵と翻訳さえ上手くできれば流行ると思う!
Aggy Birdさんほどユーモアと葛藤を混ぜた話の展開が魅力的で読みやすいオリジナル・スラッシュ作家を私は知らない…もしAggy Birdさんと同じレベルの作家がいるなら教えてほしいぐらいものすごく萌えが合うお気に入り作家です。

おっと、すみません。作品のタイトルを書く前に前置きが長くなってしまいました。でも、ほんとに久しぶりに良い作品を読めたので興奮しすぎたせいですので、どうかお許しを(^^;)

では、以下にその作品のタイトル紹介と感想をさらに無駄に熱く書きたいと思いますので、以下の点にご注意ください。
*続きを読む前の注意*
・ここで言うスラッシュ小説とは、BL(男同士の同性愛)を扱った英語の小説ですので、苦手な方は読まないように。
・この感想は私の独断と偏見です。あと、私の英語の読解力は未熟なので、感想文の中に読み間違いや誤解があるかもです。もし間違いに気づいたらやんわり指摘してくださいませ。
・感想の部分にはネタバレがあるのでご注意ください。

上記の注意に納得された方は、続きをどうぞ。

≫ Read More

スポンサーサイト

| BL、やおい、同性愛 | 15:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

獣人落書き

いつもお礼が遅くなりますが、前回の記事や過去記事に拍手をくださったみなさん、どうもありがとうございます!
飽きやすい管理人がこの辺境ブログを続けているのもみなさんの応援のお陰です。ありがとうございざいます<(_ _*)>

このところブログの更新頻度は下がっていますが、その主な原因は前から書いているオリジナル小説に悪戦苦闘しているためです(苦笑)これが完成すればもう少し更新頻度は上がるかと思います。

作文ばかりしていると息詰まってきたので、久しぶりに落書きを描いてみました。
筋肉萌えを満たすため、久しぶりの獣人絵ですv
ちなみに、私が書いてる人狼小説とは全く関係ないです。
でも、こうゆう獣人ものでエロ漫画描きたいというのはやりたいリストの1つで、いつか描けたらいいなあと思ってます。今年中は無理なので来年の目標ぐらいで。
獣人
久しぶりの虎獣人。どんなポーズにしようか考えてたらこうなりました。
鼻風邪気味の私の影響が絵にでたようです(笑)
みなさん、気候の変わり目ですので、体調にはどうぞ気を付けてくださいませ!

| BL、やおい、同性愛 | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こうゆうのがもっと見たい!

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

| BL、やおい、同性愛 | 22:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海外ゲームのゲイシナリオ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

| BL、やおい、同性愛 | 23:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海外オリジナル・スラッシュ小説のあれこれ

久しぶりの海外オリジナル・スラッシュ小説の記事ですが、個人的に驚いたニュースだけをご紹介!!

なんとなんと、私が個人的に大好きなスラッシュ作家のAleksandr Voinovさんの作品が日本語翻訳されたんです!!
今日たまたま知ったので書きながら興奮しておりますが、ほんといつの間に!!という嬉しい驚きです!

何しろ、この作家は私のお気に入り作家の中で一番好きと言っていい作家なんですよ!

以前にも紹介しましたが、この作家の「Special Forces」シリーズや「GORGON」シリーズは、癖はものすごく強いんですが、私の萌えツボのど真ん中を打ち抜いてトラウマにさせるレベルでした。

まあ、上記の作品は癖が強いので好き嫌いがでてくるでしょうが、他の作品ではBL風な柔らかい作品もあるし、作品の内容に波はあってもこの作家は文章力が高いので好みの設定の話ならぜひ読んでみると良いと思いますv

さて、話を日本語翻訳の方に戻すと、Aleksandr Voinovさんの日本語翻訳作品が発表されるのは、
BL小説の大手雑誌 小説 Dear+ (ディアプラス) の 2013年 08月号で、現在販売中だそうです!



そして、その気になる日本語に翻訳された作品は「Skybound」という作品です。


ラッキーというか、この作品は去年キンドルでも販売されている作品なのですが、私はまだ未読なので内容は知らない作品です(試し読みはしてたと思うけど、短編だったので読む気がすぐにはしなかったから)。

あらすじ説明を読むと、第二次世界大戦中のナチス・ドイツを舞台にしたパイロット×整備兵の戦中ラブロマンスみたい。
ちなみに、海外本読みコミュのGoodreadsでの評価はかなり高いので内容は期待できる作品と思います!

ああ、それにしてもほんと、Aleksandr Voinovさんの作品が日本語で紹介される日がこんなに早くこようとは思わなかったです!
日本のBL小説ファンの中で知名度が上がると良いなあv

余談ですが、もし長編が日本語翻訳されるなら「Dark Soul」シリーズあたりがBLファン向けとしてはいいだろうけど、間違っても「Special Forces」は長編すぎるし内容が過激すぎるしで翻訳されないだろうなあと思います。でもほんと、私はこれと「GORGON」シリーズの2巻目が萌えるのでお気に入り。英語で読めると言う方はで、過激でもOKな寛容タイプなら、一度トライしてみてください。

ついでに言うと、話の構成は手抜きでダメだけどキャラ萌えの点では私のツボだったVoinovの作品としては 「Incursion」と「Risky Maneuvers」も好きです。どちらもカップリングのキャラがとても萌えたんですが、話が長編向きなのに短編にしているから最後部分が適当すぎるという欠点がありました。特に「Risky Maneuvers」はどうしてあんな不要な急展開にしたのか今でも惜しい…あのロシア人キャラがほんと好きだったから。

それはともかく、Aleksandr Voinovさんの日本語翻訳作品を読むべく明日は書店に走りたいと思います!(>▽<)

| BL、やおい、同性愛 | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。